警察博物館には、白バイ、赤バイ、黒バイがある !?

警視庁警察博物館には、白バイばかりか、黒バイや赤バイもあったりします。

東京駅と銀座の中間にある京橋の警察博物館のゴールデンウィーク恒例イベントに行ってきました。

ここは、警視庁の歴史や警察活動などを広報するための展示などが通年で行われています。1階には、白バイなどが展示されており、1階だけは撮影することが可能です。

警察博物館正面の白バイ。以前は、ホンダVFR750Pだったのですが、久しぶりにきてみたら、ヤマハFZ750に変わっていました。

136801471245913111398_IMG_5933_R

博物館内に展示されている側車付き白バイ。ホンダGL1100ゴールドウイング。普段の交通取締に出動するのではなく、主に皇室の車両の警護やパレードに活躍した車両です。

136801479872413111986_IMG_0251_R

赤バイ。四谷の消防博物館には、赤バイが展示されています。消防の赤バイというのはわかるのですが、警察の赤バイです。

アメリカのインディアン社製造で、1917年式。排気量は、1000ccです。この赤バイも側車がついています。
1918. 1. 1(大正 7)に警視庁本部へ3台が、配備されたそうです。、麹町・愛宕・上野の各警察署です。
警視庁のオートバイですので、消防ではなく交通取締などに活躍したそうです。これが後に白バイと発展したようです。

136801482702413112009_IMG_0255_R

警察博物館には、白バイ、赤バイばかりか黒バイもあります。黒バイは、やはりアメリカのハーレーダビッドソン社製で、1962年式。排気量は、1200ccだそうです。

1962(昭和37)から11年余り、皇室や国内外の要人の警護などに活躍したそうです。現在も皇宮警察には、黒色の側車付き二輪車はありますので、その前身でしょうか。

136801484654213111398_IMG_0257_R

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます