新潟港 海上保安庁巡視船 相次ぎ入港「観閲式会かい!」

シェアよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 13

 所用の合間に小雨模様の新潟港で入出港する船舶を見ていました。岸壁には、海上保安庁新潟保安部のPLH08「えちご」が停泊していました。
その奥にも巡視艇「こしかぜ」が停泊していましたが、ついでに寄ったのでそちらまで行って撮影する時間的余裕がありませんでした。

対岸の新潟造船の艤装岸壁には、海上保安庁のPS35「ともり」が艤装作業中のようです。

 トロール船?と思ったら、水産研究所の調査船「越路丸」でした。

 そして、佐渡といえば佐渡汽船。佐渡汽船のカーフェリー「おけさ丸」です。大きい。

 そして心地よいのジェット音とともに出港していったのが、佐渡汽船のジェットフォイル「ぎんが」。

 ジェットフォイルを見送ると、港外から巡視船が入ってきました。海上保安庁新潟保安部所属のPL76巡視船「さど」。

 つづいて海上保安庁新潟保安部所属PL51「ひだ」。

 ウォータージェット×4機 推進です。

 そしてしんがりは、海上保安庁金沢保安部所属PL43「はくさん」です。

 たまたま立ち寄った新潟港の岸壁で、海上保安庁の大型巡視船が相次いで入港する場面に遭遇できるとはおもいませんでした。

「さど」の後ろからも巡視船が入ってくるので「(海上保安庁)観閲式かい!」とひとりで、ツッコミをいれていました。ラッキーな新潟港でした。