下総基地 着陸を撮る 2006.11.13

午後3時くらいから下総基地に久しぶりに行きました。この季節にしては、珍しく南上がりのランウェイ19でした。
北のバス停付近に行きますと、エンドで迷彩塗装のP3Cが離陸の許可を待っているようでした。またよく見るとその先にもやはり迷彩のP3が待機してます。
バス停付近ですとやはり降り狙いだったのでしばらく待機。すると下総救難のUH-60が帰投してきて、南エンドでホイストトレーニングを開始。今から南エンドまで飛ばしても間に合わないと待つことに。

IMG_4909

UHは、ホイストトレーニング後サークリングして再度南エンドで同様の訓練をしてから着陸しました。
その後タキシングしてきた下総のP3は、シュミレーションテイクオフを実施。離陸の訓練らしく、地上滑走をして北エンドからタキシングしてエプロンに戻りました。
そんな間に段々と日が落ちてきまして(^^; このまま終わりかなとおもっていたところに訓練を終えたらしき下総のP3、37号機が戻ってきました。

IMG_1073

今回の狙いは、これ。広角レンズで下総の道路ギリギリを大型の航空機が降りて来る迫力を撮りたかった・・・のですが、結構難しいですね。
というのも空と航空機だけだとあまり迫力がない。かといって、道路をいれると航空機が小さくなる。ポジションでしょうか。

IMG_1078

幸いタッチ&ゴーを繰り返してくれたので、いろいろ試行錯誤をしてみました。でもなかなか思ったとおりにいかないので、望遠で撮影。

IMG_4927

暗くなってくるとランディングライトが輝いて、迫力があります。暗さと手持ち撮影のギリギリの時間になってきました。

IMG_4930

その頃下総のYS-11 03号機が帰投してきました。こちらは、そのまま着陸しました。

IMG_4935

数回タッチ&ゴーを繰り返してくれた37号機も着陸するようなのにでこちらも帰ることに。午後5時頃でしょうか。
日も落ちて、真っ暗になる直前くらいの時間ではなんとかISO800でこれくらいの感じです。

IMG_1090

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます