土浦武器学校祭2007

比較的近所の茨城県土浦駐屯地、陸上自衛隊武器学校の開設記念行事に行ってきました。
今回は、模擬戦とかを撮影するよりも駐屯地内にある旧海軍時代の土浦海軍航空隊の遺構を見にいくことを主眼に考えていました。

そのため式典からいかないでもいいかなとイベントのある日にしては、かなりゆっくり目な10時半くらいに到着しました。

さてそろそろ装備品の展示かなと思いつつ施設内を歩いていると先に行っていた人から電話がありどうも89式戦車が稼動するらしいとのこと。

会場のグランド脇に迷彩ネットに隠された何かがあります。普通陸自の迷彩ネットは、緑がメインの陸自迷彩色なんですが、こちらは、茶色。いわゆる砂漠迷彩です。

ここに隠れているのだろうかなどどおもっていたら、アナウンスがあり、ネットがはずされました。

エンジン音とともに白煙を上げて出てきたのが、この車両です。

IMG_6304_R

確かに動いてる(^^; 僕など当然見たことがない第一次世界大戦頃に活躍していた89式戦車が登場しました。

同戦車は、当駐屯地内でレストアし再生し稼動できるまでに仕上げたそうです。登場した後来賓の前を通り、グランド外へでて格納庫まで自走していきました。

その後は、武器学校らしい訓練展示が行われました。敵の攻撃を受け応戦中に味方戦車が、被弾。74式戦車の砲塔を交換したり、90式戦車のエンジンを交換するというかなりコアな、マニアにはうれしい内容でした。こちらは、74式戦車の砲塔をはずし、新しいものと交換するところです。

IMG_6370_R

交換作業中も敵からの攻撃に備えFH-70の射撃、軽走行機動車などが警戒する中こちらは、90式戦車のエンジンを交換するところです。

IMG_6400_R

新しい砲塔に交換されて、始動する74式戦車です。

IMG_6402_R

その後74式戦車による空砲の発砲がありました。観客が近いということで、会場の端へ行きしかも外へ向けて一発!

IMG_4819_R

会場メイン道路では、陸上自衛隊武器学校の90式戦車、74式戦車など各種火砲の展示が行われました。

IMG_4952_R

武器学校恒例の戦車体験試乗は、霞ヶ浦湖畔にて74式戦車と90式戦車の2両で実施され長蛇の列ができていました。

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます