仏式空気入れの失敗例 初心者のやりがちな

自転車に空気を入れようとしたら、空気入れの使い方が、わかりません。

124928201238616411215_IMG_8914 (1)

ママチャリだと空気入れの入れ口は、ひとつなのに3つもある。どれで、いれればよいのか。とりあえず全部試してみよう。

124928201238616411215_IMG_8914

ネットや本で調べるとこの金口で、入るはずなんですが、まったく入らない・・・なぜだ??????

124928252468416410968_IMG_9250

ネットには、英式と書いてあるこの金口が、すぽっと入った。しかも空気はいるじゃん。
とにかく入るからこれで、いいや。バンバンいれちゃおう。

と、調子よくいれていたら、空気圧が、適正値になかなかならないじゃないか?
まだ入るのかな?でも空気圧足りないとパンクの原因になるらしいいとバンバン空気を入れていたら・・・

ば~ん!!!と轟音が。

124928305396216309006_IMG_8939

チューブが、破裂したようです。入れすぎか。なんで、規定値には、まだまだだったはずなんだが。

やはり空気の金口は、英式じゃゲージの数値が、違っちゃうんだろうか。いずれにしても仏式でやるべきか。

で、結局これは、空気入れが、壊れているじゃないかとおもい、自転車屋さんに聞きにいきました。

すると英式金口をホース側に倒さないと空気が、仏式で入らないとのこと!

124928201238616411215_IMG_8914

このまんなかの英式金口が、この状態だと米式や仏式金口に空気が、いかないそうです。

つまり以下のように英式金口をホース側に倒さないとだめなんだそうです。

124928337055316209717_IMG_9249

そして、このようにストッパーを倒して、やっと仏式で、空気を入れるこが、できました。

124928252468416410968_IMG_9250

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます