東京湾海上交通センター 一般公開 その2 2008

さて、意外なトンネルや砲台跡を見て驚きながら到着したのが、東京湾海上交通センターの建物です。白いコンクリーづくりで、灯台のような感じです。

IMG_6129

公開されているエントランス部分。各地の灯台の写真パネルや外国などとの記念の盾などが、展示されていました。

IMG_6132

二階部分は、海上保安庁の他国との友好記念の盾、ピンバッジ、手紙、お土産みたなものなどと「海猿」で、使用されたウエットスーツなどが、展示されてました。

IMG_6134

こちらが、海猿で、劇中に使用された海上保安庁のウエットスーツですが、ストーリーの展開からススで、よごれたようになってます。

IMG_6136

こちらも同じく海猿の中で、佐藤隆太と伊藤英明が、着用したシュノーケルと水中メガネが、展示されていました。

IMG_6139

2階の展示室脇では、実際の東京湾海上交通センターでの、船舶の管制などの実際を海上保安官の方が、実際の現在の浦賀水道のレーダーを使って、マイクで、説明をしてくださいました。

IMG_6152

見づらいのですが、実際は、この画像の奥に数台のレーダー監視システムみたいな席が、あります。そこに複数の管制官の方が、着座して、実際の完成を行うそうです。

IMG_6180

屋上も解放されています。屋上からは、目の前が、浦賀水道で、航行する多数の大小船舶をみることが、できます。

IMG_6158

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます