警視庁自動車警ら隊に車内検索を受けた(+o+) 2012.8

警視庁自動車警ら隊に職務質問、自動車車内検索を受けた(+o+)車内検索をされたのは、はじめて。

今日の夕方、都内、某ターミナル駅前に駐車、人待ちをしていました。

すると僕の前にパトカーが、停車。ありゃ、ここは駐停車禁止だっけ?とあせるも逃げるわけにもいかず。

おまわりさんが、「お迎えですか?」と話しかけてきました。(画像は、本文と関係ありません)

134625261091213114981_IMG_4659

「すいません、すぐどかします」と答える。

するとおまわりさんは、「うちら自動車警ら隊なんです。最近この付近で刃ものを使った事件とか起きてるんで、ちょっとトランクみせてもらってもいいですか?」

「あ、どうぞどうぞ」と見せる。

聞かれもしないのに(トランクに百里いったときのための脚立が積みっぱなしなんで)「この脚立は、飛行機の写真撮るのが趣味なんで、積んでます。このジャンバーは、飛行場って寒いときがあるんで、夏でも積んでます」

と乗用車に脚立などを積んでる理由を説明する。

「この下も見せてもらえます?」とスペアタイヤのスペースも開けさせられる。

おまわりさんが、「あとダッシュボードとか見せてもらっていいですかあ」と。二人の自動車警ら隊隊員さんが、運転席、助手席のポケットなどを調べる。ついでに床のフロアマットの裏も調べていた。

これって警察24時とかで覚せい剤を所持している被疑者の車を調べるやつじゃん(+o+)

ターミナル駅なんで、人通りは激しいし、恥ずかしいなあ。

おまわりさんがダッシュボードからカッターを発見。「これ何に使うんですか?」

「これは、車が水没したときにシートベルトを切るためです」と答えたものの、シートベルト専用カッターも置いてあったんで・・・

「(僕がスーツを着ていたので)お仕事でカッターとか使わないなら、銃刀法に抵触する可能性があるんで、これは車内に置かないでください」

とご指導をいただき、解放されました。

は~つかれた。はずかしかった。

パトカー、警察すきだけど自分が職務質問とかされるのは、気持ちよいもんじゃないですねえ(+o+)。

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます