ケリー国務長官搭乗の米空軍C-32を撮影に羽田へ

ケリー国務長官搭乗の米空軍C-32を撮影に羽田へ行ってきました!をもう少し詳しく。

今までVIP機の撮影というのに行ったことがありませんでした。そのため、一体どこから撮影したらよいかわかりません。

羽田空港は滑走路も多いし、どの滑走路から離陸するかも不明だし。

わからないながら、どこで撮るかを考えねばならないわけで、一応考えてみる。アメリカ大統領搭乗のエアフォースワンは、風向きに関係なく、狙撃などの確率が低い海側から離着陸するとか。

だとするとなるべく海側の滑走路を使用するのではなかろうか。

空港の外からの撮影だと、失敗したらせっかく羽田までいっても証拠写真も撮ることができなしいし。

風向きが変わった場合、城南島や浮島で逆の滑走路から離陸したら、完全アウト(>_<)

というころで、第二ターミナルの展望デッキへ行くことに。ここからは、海側の滑走路(ランウェウイ34)がよくみえるし、風向きにかかわらず、タキシングかなんかは撮れるだろうと。

136626407664213125677_P1040917

第二ターミナルの駐車場へ行くと仕事中?な感じのスーツの人がチラホラ。お、もう来てるひとがいる。普段僕は羽田に来るときは、ほとんど第二ターミナルのP3屋上に駐車する。

そういえばここからは、VIPスポットが見えるんだ。みなさん、ここから狙うわけだ。外を見ると、ケリー長官搭乗予定のC-32がいる。

VIPスポット前のポールには、星条旗と日の丸が、たくさんなびいいている。展望デッキよりも、とりあえずここで様子を見てみることに変更。

ここならば、長官搭乗の様子とタキシングぐらいは撮れるかもしれない。問題は、ここは空港の照明のポールが邪魔で、航空機が串刺し状になってしまうこと。

136626180850613125139_IMG_0008_R

徐々にひとが増えてきた。やはりここで撮影するのは、間違いじゃなさそう。お巡りさんが来て、ここにいる人全員に職質とカバンの中身の検査をはじめる。駐車場各フロアにお巡りさんが、いるようだ。

VIP機の前に大型トラックがきた。資機材でも運び込むのだろうか。ウイング扉を全開にしている。よく見ると荷台部分にテレビカメラが載っている。マスコミの代表取材カメラだろうか。

136626197639813227710_IMG_0010_R

ケリー長官は、いつ来るのだろうか。VIPの車両ということで、来る直前に首都高速道路が封鎖されるであろう。

つまり眼下の首都高速を絶え間なく走る車が、途絶えるときが来る。その時が、長官到着の時だ。

午後3時前。首都高の車が、途絶えた。首都高が、静かに。交通封鎖が、始まった。

136626223658713125677_IMG_0048_R

来た。ケリー国務長官乗車の車列だ。警視庁羽田空港警察署付近から直通で空港敷地内へ。

136626300632813228596_IMG_0013_R_20130418143006

空港敷地内では、国土交通省航空局の車両に先導されている。先頭は、警視庁のパトカー。

136626235473913227764_IMG_0018_R

続いて警視庁警護課SPの大型RV覆面パトカーやアメリカ大使館の大型RV車両。これは、GM社製などのアメ車らしい。シークレットサービスの護衛車のようだ。

136626245436213228229_IMG_0024_R

そしてアメリカ大使館ナンバーのハイエースと思われる紺色のワゴン車が、6台ほどつづく。

136626252022313125138_IMG_0046_R

長官は、すぐにC-32要人輸送機にタラップを使い、搭乗する。

136626258003013227764_IMG_0055_R

ドアが閉じられ、タラップもすぐに外される。この時点で、駐車場にいた人のほとんどがどこかへダッシュしていった。
残ったのは、僕と3人ぐらい。ダッシュした人たちは、C-32の離陸を撮影するために展望デッキへ行ったのだろうか。

136626263001413228596_IMG_0096_R

そしてすぐいトーイングされる。

136626266921913228535_IMG_0101_R

VIP機ということで、すべてのオペレーションよりも優先されるのだろう。早い。

136626272338113126459_IMG_0158_R

はじめてのVIP撮影だし、無理をしても仕方ないので。このまま離陸していく、後ろ姿を撮ることに。少々遠いが、ストーリーとしてはわかりやすく撮影できたからよしとしよう。

136626286976913125675_IMG_0185_R

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます