東武博物館 屋外展示にはロマンスカーも

す。

136668614786313214098_CIMG7690_R

国道6号が東武鉄道スカイツリーラインの高架を潜る付近に東武鉄道の6号機関車が展示されています。

明治31年にイギリスのピーコック社から輸入した機関車です。道路脇に展示されている機関車は、目を引きます。

136668631032913214121_CIMG7701_R

この機関車があるので、付近に東武博物館があると気づく人も多いかもしれません。東向島の交差点で信号待ちをしているとみえます。

136668635963813121197_CIMG7705_R

この6号機関車と国道6号線を挟んで逆側の路地を入っていくと、東武博物館の屋外展示車両が見えてきます。

136668643805913214973_CIMG7707_R

日光軌道線 203です。この車両は、2台の車両が連結していて、台車が3つあるんです。前後の運転台の下付近と連結器付近にも台車があります。2両、3台車は、珍しいタイプだそうです。

136668652766113215854_CIMG7696_R

屋外展示されている日光軌道線は、東武博物館に入館すると、館内から日光軌道線の車内へ入ることができます。

136668680062213121198_CIMG7597_R

運転台です。先ほど外から撮影した道路がみえます。

136668684432713121197_CIMG7598_R

再度、道路側から。

136668688404113215491_CIMG7697_R

2両が、連結しているのがわかります。

136668696191313215822_CIMG7599_R

車内灯もレトロ感がたっぷり。

136668700825813215822_CIMG7600_R

そして冒頭にご覧いただいた1720系デラックスロマンスカーもここに展示されています。

136668665312913121533_CIMG7693_R

こどものころにテレビコマーシャルで東武鉄道のロマンスカーのCMを見て、憧れました。残念ながら乗る機会はありませんでしたが。

136668670682013215853_CIMG7689_R

ロマンスカーも車内に入ることができます。

136668705789613215852_CIMG7608_R

ロマンスカーの運転台。

136668710280313215619_CIMG7613_R

ロマンスカーのヘッドマーク。「けごん」と「きぬ」は、知っていたけど、「さち」というのもあったんですね。

136668717628513215619_CIMG7604_R

けごんは、華厳の滝。きぬは、鬼怒川。さちは、幸乃湯温泉のさちかな。

東武ロマンスカーというと小学校の同級生と話題になったのが、車内にゲームセンターがあるらしいというころ。特急電車というだけでも憧れるのに、車内にゲームセンターがあるというのがこどもには、夢のように思えたのを覚えています。

東武博物館

開館時間 10:00~16:30(16:00までにご入館ください)

休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)年末年始(12月29日~1月3日)

入館料 おとな 200円(100円)  こども(4才から中学生まで)100円(50円)

東武スカイツリーライン東向島駅下車(駅のとなり)

〒131-0032 東京都墨田区東向島4-28-16

TEL.03-3614-8811(代)

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます