明るいコンデジにしてみました

 今までコンデジも望遠10倍以上のモデルを仕様していました。ルミックスなど。直近は、カシオのカシオ HIGH SPEED EXILIM EX-ZR200WE。

これは、飛行機などを撮影する人のコンデジには便利です。高速連写が売りなシリーズですが、僕の気に入っていたのは、起動の速やさ。

 電源をいれてから撮影態勢に入るまでが、早い。そして、シャッターを押してから、次の撮影への動作もとても早かったんです。

そして秒間30コマまで撮影できる高速連写。一発勝負のときは、これは使えます。一眼もってないときですよ。

難点は、この機種にかかわらずコンデジは、レンズが暗いこと。うちの近所の国道6号は、工場から海外へ出荷する大型重機を港へ運搬する先導車と大型トレーラーに遭遇することが多いです。

これをコンデジで撮ると、暗いんです。

IMG_0618_L

 というわけで、ちょっと明るいコンデジにしました。キヤノンPowerShot G15です。メリットは、レンズが明るい。先導車を撮っても。

IMG_0618_R

 ぜんぜんちがいますね。しかし難点は、重い。かさばる。ズームが、光学5倍。そして、起動がEXILIM に比べてかなり、遅い。シャッターも遅い。

スペックが違うので仕方ないのですが、価格も倍ぐらい。

 航空祭などで、気になるものをバシバシ撮るには、EXILIMの方が軽いし、コンパクトで便利ですね。やはりどれもメリット、デメリットがありますね。

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます