コウノトリ但馬空港フェスティバルに小松基地のF-15が参加決定

 兵庫県の但馬空港で実施されるコウノトリ但馬空港フェスティバルに航空自衛隊小松基地のF-15が2機参加することが発表されました。但馬空港フェスティバルは、7月27日(土)、28日(日)の二日間実施されますが、小松基地のF-15が飛来するのは、日曜日のみだそうです。

 画像はイメージで小松基地の第306飛行隊のF-15ですが、当日展示飛行を実施するのが、第303飛行隊なのか第306飛行隊なのかは発表されていません。
 
 コウノトリ但馬空港フェスティバルは、今年で19回目の実施だそうです。国内では数少ない民間主催の貴重な航空祭・エアショーです。F-15の実施する展示飛行については詳しいプログラムなどはまだ発表されておりませんが、但馬空港の滑走路は1200メートルということですので、小松基地からのリモートでの展示飛行かと思います。F-15二機による編隊飛行なのか、あるいは機動飛行?周辺の環境のこともありますので、単純に派手な機動飛行をというわけにもいきませんが。

IMG_1503

 但馬空港フェスティバルに関する参考情報。詳しくは、但馬空港のサイトをご参照ください。

コウノトリ但馬空港フェスティバル’13~兵庫県・空の日記念イベント~

平成25年7月27日(土)~28日(日) 9:30~16:00
 
※熱気球係留体験フライトは7:30~9:30

会場コウノトリ但馬空港(兵庫県豊岡市)

入場料 無料

駐車料金 無料

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます