航空自衛隊F-15、F-2 展示飛行実施 オールスターゲーム第3戦

7月22日(月曜日)のマツダオールスターゲーム2013第3戦の開催のオープニングセレモニーにおいて、航空自衛隊のF-15、F-2による飛行展示が実施されます。

0IMG_7099

東日本大震災復興支援で、福島を応援しようということで、オールスターゲームをいわき市で初開催します。そんなNPB日本プロ野球機構の心意気にひと肌脱ごうという航空自衛隊というところでしょうか。

 2013年7月22日(月曜日) 17時58分ごろ 福島県いわき市のいわきグリーンスタジアム上空を航空自衛隊百里基地所属のF-15戦闘機×2機と三沢基地?のF-2支援戦闘機×2機が、オープニングセレモニーに合わせて、いわきグリーンスタジアムのセンター側からバックネット方向へ上空を通過します。

 アメリカでは、メジャーリーグの開幕戦やオールスターなどのビッグゲームでは、空軍などの戦闘機がスタジアム上空をフライバイすることがよくあります。

 当日は、既にチケットが完売となっております。球場内でも見るとこができますが、球場周辺でもフライバイを実施するF-15やF-2をみることができるかとおもいます。なお、今回の展示飛行に先立って、2013年7月16日(火曜日)に、展示飛行と同じ行程で予行飛行を行います。

 7月22日(月) 試合開始18:10(開門予定15:00)

 パシフィック・リーグ(1塁側) VS セントラル・リーグ(3塁側)

 いわきグリーンスタジアム

福島県いわき市常磐湯本町上浅貝110-33

21世紀の森公園内

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます