海上保安庁展2013 神戸海洋博物館

 神戸ポートタワーとの風景で有名な神戸海洋博物館で海上保安庁展2013というイベントが行われます。7/23から9/1まで。今年の夏休みの期間の神戸海洋博物館の目玉イベントは、海上保安庁できまりということですね。

2013koubekaiyouhakubutukan

 神戸の観光名所のひとつメリケンパークにある海、港、船をテーマにした博物館です。隣接まっかな神戸ポートタワーとともに神戸市のシンボルのひとつです。併設されている川崎重工の広報施設カワサキワールドは、川崎重工の製造する船舶、鉄道、オートバイ、航空機などの実物から模型などの展示が魅力です。
 KV-107Ⅱ BOEING107 バートル107 Kawasaki 美濃ヘリコプターやブルーインパルスの映像などが展示されています。

a0960_001903_m

 via 5th Regional Coast Guard Headquarters

 今回の海上保安庁展2013では、「24時間海上交通を守る仕事」というキャッチフレーズで、海上保安庁の仕事を紹介する展示となっています。展示パネル写真展は、「闘う海上保安官」。尖閣など海上保安の最前線で活躍する海上保安官の活躍を写真でパネル展示。

 その他海上保安官動画、講演会、海上保安官による海の安全教室など各種イベントが開催される予定です。海上保安庁キャラクターのうみまるも潜水士タイプが登場とか。

 
 詳しくは、神戸海洋博物館 ・海上保安庁第五管区海上保安本部 をご覧ください。

〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2−2 神戸海洋博物館

電話 078-327-8983

入場料

大人(高校生以上) 500円

小人(小・中学生) 250円

入館時間 10:00~17:00 (入館は16:30まで)

休館日 月曜日 (月曜日が祝日の場合は開館翌日振替休館)

年末・年始 (12月29日~1月3日)

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます