海上保安庁第四管区海上保安本部総合訓練 巡視船みずほに1500名をご招待

海上保安庁第四管区海上保安本部が、9月14日(土)と9月15日(日)両日に伊勢湾にて、展示訓練を実施します。名古屋港沖付近の海上です。それに伴い一般からなんと1500名を公募し、巡視船みずほに乗船させて訓練を公開するそうです。

 今回乗船する海上保安庁のヘリコプター2機搭載型大型巡視船PLH21 みずほ。名古屋海上保安部所属。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 海上保安庁第四管区海上保安本部によると

1 総合訓練実施概要
(1)実施日時  平成25年9月14日(土)及び15日(日)
(2)出港予定  午後1時00分
(3)入港予定  午後4時00分
(4)乗船船舶  ヘリコプター2機搭載型巡視船みずほ
(5)乗下船場所 名古屋ガーデンふ頭3号岸壁
(6)実施場所 伊勢湾(名古屋港沖合い)
(7)訓練内容
 ①航空機展示飛行
 ②放水展示訓練
 ③溺者救助訓練
 ④吊上救助訓練
 ⑤航空機着船訓練
 ⑥高速連携訓練
 ⑦海上パレード

 訓練内容のプログラムを見ると海上保安庁の観閲式並みの内容ですね。航空機の展示飛行や海上パレードは、基本的に第四管区海上保安本部所属の航空機、巡視船艇になるかと思います。その他名古屋市消防局の消防艇や愛知県警の警備艇、名古屋税関の船艇なども参加するかもしれません。

 海上保安庁消防艇による放水や航空機による遭難者の海上救助、救出訓練の展示も実施されますね。そして、ヘリコプターの巡視船への着船訓練。高速連携訓練というのは、やはり不審船や密漁船など不法行為を行う船舶への警告、追跡、逮捕までを高速巡視艇と航空機を連携させての迫力の訓練展示でしょうか。

 海上保安庁の観閲式がない中、名古屋周辺で行けるみなさまにチャンスですね。ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 イベントの詳細や応募方法は、海上保安庁第四管区海上保安本部をご参照ください。

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます