百里基地航空祭事前公開 F-4ファントムデモスクランブル AGG

 百里基地航空祭事前公開のリポートの続きです。次は、絶滅危惧種のオジロワシ、第302飛行隊のF-4EJ改ファントム戦闘機のデモスクランブル展示です。

 スクランブルは、緊急発進のことで、日本国内の領空に接近する国籍不明機に対してスクランブル発進をして対処します。スクランブル発進は、指令が下ってから5分以内に離陸できるように365日24時間交代で待機しています。

 そのスクランブル指令が下ったという想定で、第302飛行隊の戦闘機パイロット、地上整備員が連携しての発進準備がみものです。

スクランブル指令がかかり、パイロット、整備員が一斉にF-4EJ改ファントムに駆け寄ります。

IMG_2034

 パイロット、ナビゲーターがダッシュで操縦席に入ります。

IMG_2049

 電源車と機体をつないで、エンジンを始動します。電源車のエンジン音から、ファントムのジェット音へと続きます。かなり近いので、迫力があります。

IMG_2069

 地上整備員とパイロットが連携して、機体の点検を順次実施していきます。

IMG_2071

 点検作業をすませえて、滑走路へと向かいます。

IMG_2090

 実際は緊迫感のある状況ですが、今回はお祭りなのでパイロットもエプロンからのタキシーアウトの際には観客に手を振ります。

IMG_2125

 そしてすばやく離陸します。実際スクランブルがかかると、着陸してくる航空機や離陸する航空機のすべてをとめて、スクランブル機を最優先で離陸させます。

IMG_2134

 スクランブル発進機は、すぐにハイレートクライムで急上昇。国籍不明機の対処に向かいます。

IMG_2167

 離陸したF-4EJ改ファントムは、基地上空でAGG 空対地射爆撃を実施します。

IMG_2265

 AGG(空対地射爆撃)実施後基地上空で、離脱するファントム。

IMG_2362

 AGG(空対地射爆撃)終了後、再度エプロンにもどってきたファントムに観客から喝采(^O^)

IMG_2521

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます