小松基地航空祭 F-15 オープニングフライト

 小松基地航空祭、開門の行列に並んでいてもオープニングフライトに間に合うかなというのが気になりました。フライトには間に合うでしょうが、離陸をみたい。

CIMG9891_R

0745-0840 F-15 編隊飛行というプログラムです。

 小松基地ははじめで入ったのですが、入間基地や百里基地のイメージだったんですが、意外とコンパクト。すぐにエプロン地区にたどりつきました。

離陸する小松基地第303飛行隊のF-15。編隊での離陸でした。

 編隊でどんどん離陸していきます。

IMG_4007_R

 第306飛行隊も上がります。

IMG_4008_R

 昨年は小松基地に入らず、小松基地エプロン地区の滑走路をはさんで向かいにある小松空港展望デッキでみました。エプロン地区から空港展望デッキを見ると、ギャラリーがたくさん。

IMG_4059_R

 第306飛行隊も編隊でどんどん上がります。何機上がるんだろ(^_^;)

IMG_4031_R

 小松基地航空祭では、小松空港を離着陸する民間機も会場でアナウンスで紹介されます。どこから来た、あるいはどこへいく航空機か。航空会社や航空機、乗客数なども紹介されます。軍民共用空港ならでは、共存共栄、小松のよいとこだと思います。

IMG_4063_R

 オープニングフライト第一団は、F-15 3機によるデルタ隊形が進入してきました。

IMG_4087_R

 F-15 6機によるデルタ隊形での編隊飛行。

IMG_4134_R

続いてF-15 10機による大編隊です。全機ギアダウン(脚をだして)、ランディングライト(着陸灯)を点灯しての低速ローパスです。曇っていて、薄暗かったのできれいです。

IMG_4149_R

 横から見ると全機エアブレーキをかけています。機体の上部に立っている板状のもの。減速するためのブレーキです。10機の編隊を維持しつつ、しかも低速でのローパスは、かなりの練度が必要と思われます。高速で飛ぶよりもかなり難易度が高いんじゃないかと思われます。

IMG_4197_R

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます