横田基地友好祭 持ち込み検査での注意点

 普段入ることができない在日米軍横田基地に入ることが出来る横田基地友好祭 フレンドシップデー。ゲートの中に入ってしまえば、アメリカ♪
大げさではなく、本当にアメリカなんです。戦闘機や輸送機など大量の航空機が展示され、アメリカンフードでアメリカのカーニバルを体験できます。

 CIMG0182_R

 しかし注意したいのが、入場のチェックです。入場の際の身分証明書に関しては、横田基地友好祭 必ず忘れちゃいけない身分証明 をご参照ください。

 身分証明書は用意したので大丈夫!と油断しないで気をつけたいのが、手荷物です。身分証明書の提示や荷物検査を実施するのは、アメリカ軍がテロをとても警戒しているからです。

 そのため来場者が爆発物や化学、生物兵器などを持ち込むことを警戒します。テレビの海外ニュースでみるテロ事件は、アメリカ軍にとっては現在の脅威なんです。
 実際の検査のイメージとしては、空港の航空機搭乗のチェックみたいなイメージでしょうか。

 横田基地友好祭では、全員手荷物をチェックするは不明です。同じく在日米軍の海軍厚木基地の友好祭では、すべての来場者の手荷物を検査しているので、今年の横田はどうなるかわかりません。

 横田基地の地元福生市役所によると持込めないものは、「大きいかばん、アルコール類、ガラス瓶類、クーラーボックス等の持ち込みはできません」となっています。

CIMG0204_R
 
 上記のものはNGとしても、一番気をつけたいのが「おおきいかばん」です。テロ警戒をしている警備側からすると爆発物などを一番警戒しています。そのためおおきなリュックなどは、一番検査されたり、中身を見られる可能性が高いと思われます。

 たとえば黒い大型なリュックなど背負ってゲートに行くとたぶん警備のMPにチェックされる可能性が高いと思います。

「おおきい」というのが微妙です。どれぐらいが大きいバッグになるのか。ちなみに僕は先日仕事で米国VISAを取得する必要があり、アメリカ大使館に行きました。その際に大使館施設内に持ち込めないもののなかに「おおきいバッグ」というのがありました。そのおおきさは、おおむね25cm四方程度以上を指すとのことでした。
 わかりませんが、これぐらいの大きさ以上のバッグやリュックは出来るならば持っていかないほうがよいかもしれません。

 僕は、ウエストポーチに財布や貴重品を入れて、航空機を撮影するためのカメラは、一眼レフに広角から中望遠のズームレンズ一本を裸のまま肩から下げています。軽装なんでいまのところ検査されたことはありません。

CIMG0173_R

 もう一点は、ペットボトルの液体です。ビン類はNGなんですが、ペットボトルはそんなに神経質になる必要はないかもしれません。近年は化学兵器や生物兵器の可能性があるとして、液体の持ち込みはNGの可能性があります。
 実際、自衛隊の音楽祭りでは水やジュースなどは入口で中身を廃棄させられています。

 ゲートの中では、コーラやペプシ、ゲータレードからバドワイザーなどアルコール類までドリンクは、なんでも売ってます。しかもC-17輸送機でアメリカから直有入品です。中で買われるのが賢明かとおもいます。

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます