小松基地航空祭 コックピット見学は朝一並べ!

 人気の小松基地航空祭。基地正門など入場門には早朝より開門を待つ行列ができます。行列するみなさんの目的は?多くの人がブルーインパルスの前付近の場所の確保という方が多いのでしょうか。
 思い思いの撮影ポイントを確保するという方も多いかと思います。また限定、希少な部隊パッチやグッズの入手が目的の方もいるかもしれません。

 航空祭開催中のピークに60分以上の行列となる大人気の展示のひとつにF-15戦闘機のコックピット展示があります。普段みることができないF-15戦闘機のコックピットを間近で見ることができます。

CIMG9900_R

 専用のタラップに乗り、コックピットを隊員さんの説明のもと見学したり、カメラで撮影したりすることもできます。短時間ではありますが、ホンモノの戦闘機のコックピットを見られる貴重なチャンスです。

 このコックピット見学なんですが、朝一番は比較的短時間の待ちでみることができます。来場者がまだ入りきっていないので当然ですが、15分程度でっ見られる時間があります。

 ピークの昼頃は、かなりの行列になります。コックピット見学コーナーは格納庫内で実施されていますので、行列に並ぶということは飛行展示をみることができません。

CIMG9903_R

 もしF-15戦闘機のコックピットを見たい!という方は、ぜひ格納庫へいかれてみては。ちなみに小松基地航空祭で一番人気のプログラムであるブルーインパルスの展示飛行中は、コックピット見学は空いているんじゃないか?と思いますが、意外と混んでいます。並んでしまったひとは、せっかく並んだからと列を離れません。

 つまりブルーインパルスを見ないで並んでもすぐに見られるわけではないので、やはりブルーインパルスを見たほうがよいのではないでしょうか。

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます