小松基地航空祭 会場で撮る?空港で撮る?

 小松基地航空祭では、どこで撮るか・・・僕にとって毎年重要な問題です。通常の航空自衛隊の航空祭では、基地内の会場で撮影する人が大多数です。しかし小松基地航空祭は、航空自衛隊小松基地と滑走路をはさんで民間空港の小松空港が位置しているため、基地内ばかりか空港の展望デッキからも撮影することができます。

IMG_9668_R

 

航空祭会場で撮影するメリット

・当然ですが、航空祭の雰囲気を満喫出来る。

・地上展示機を撮影することが出来る。

・買い物や食べ物など航空祭ならではの買い物ができる。

・飛行展示機は、当然基地の中で見ている観客が見やすいように飛行展示をする。

・救難展示などは近くで撮ることができる。

・ほぼ順光。

IMG_4356_R

航空祭会場で撮影するデメリット

・F-15の機動飛行が意外と遠い。

・入場、退場が、基地周辺の渋滞や混雑で大変。

・トイレが混む。食べものの購入も混雑して大変。

空港展望デッキで撮影するメリット


IMG_9533
・飛行機で行った場合、到着後5分程度ですぐに撮影開始出来るアクセスのよさ。

・トイレも食事もターミナルがあるので安心。疲れたら休憩もできます。

・F-15の背中がすごく近い。

IMG_4059_R

空港展望デッキで撮影するデメリット

・逆光気味である。

・会場のアナウンスが聞こえないからなにをやるのかわからない。無線機必需。

・小松まで来て基地内に入れないのも味気ない。

・ブルーインパルスは、原則会場の観客に向けて演技を実施する。

・救難展示などは遠い。説明もない。

 航空祭会場で撮るか空港で撮るかは、一長一短でしょうか。当然航空祭会場へ入る事のメリットは上記にあげた以上にたくさんあります。ただ純粋に航空機の撮影がメインの方は、いろいろな選択肢があるかとおもいます。
 空港の展望デッキ以外にも空港の駐車場付近や小松航空プラザ付近で撮影する人も多数います。どういう絵で撮るかは、それぞれです。

 僕のように航空機で小松空港まで行き、撮影して当日帰る人間には、空港展望デッキでもあれだけの迫力ある飛行展示を堪能できる小松基地航空祭は魅力です。

CIMG0707_R

 また女性連れ、子供連れのファミリーやカップルには、空港はオススメです。大変なおもいをして航空祭会場まで行くほどでない彼女や奥さん、小さいお子さんなどと一緒に行かれる方には、空港ターミナルビルのトイレやレストランが利用できる快適な空港展望デッキの撮影は便利かとおもいます。

 さてみなさんは、小松基地航空祭はどこで撮影されますか?

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます