航空観閲式事前訓練 9/25機動飛行 航空偵察

 来月実施される航空自衛隊 航空観閲式。今年の航空観閲式は、自衛隊創設60周年の節目の年ということで、かなり気合が入っているようです。今回の航空観閲式の目玉と思われるT-4中等練習機17機による編隊飛行で自衛隊創設60周年の「60」の文字を編隊で描いて飛行する訓練が数回実施されています。

 航空観閲式は、陸海空自衛隊自衛隊の航空機多数による編隊飛行、救難展示、空挺降下、ブルーインパルスの展示飛行などが実施されるものと思われます。

 その他の展示飛行として百里基地所属の第七航空団第305飛行隊による模擬スクランブル展示が実施されます。自衛隊最高指揮官である内閣総理大臣(今年は安倍総理)自ら、スクランブル指令のボタンを押し、指揮所より百里基地の第305飛行隊(通称「梅組」)にスクランブル発進指令が発せられます。すると会場で待機していた第305飛行隊(通称「梅組」)のF-15要撃戦闘機2機が相次ぎ緊急発進(スクランブル)し、その後会場上空で機動飛行を実施します。

IMG_0939_R

 もうひとつの展示飛行が、航空航空総隊司令部第501偵察航空隊による航空偵察です。敵地の状況偵察を実施するため、第501偵察航空隊のRF-4ファントムEJ改偵察機が2機離陸、会場上空で航空偵察を実施します。
 会場上空で地上の撮影を実施するのですが、機動飛行に近い内容の飛行展示となります。
IMG_0654_R

 この航空観閲式の事前訓練の情報が、実施会場である航空自衛隊百里基地のある茨城県小美玉市役所に掲載されていました。以下です。

 航空観閲式に係る事前訓練の連絡が百里基地よりありましたので、お知らせいたします。

1機動飛行
(1)日時
  平成26年9月25日(木)
   午前10時30分頃~午前10時50分頃の間
  平成26年9月26日(金)
   午前10時30分頃~午前10時50分頃の間   
   午後 4時30分頃~午後 4時50分頃の間
(2)機種及び機数
  F-15☓2機

2航空偵察
(1)日時
  平成26年9月25日(木)
   午後2時5分頃~午後2時35分頃
  平成26年9月26日(金)
   午後2時5分頃~午後2時35分頃
(2)機種及び機数
  RF-4☓2機

 【参考ページ】

航空観閲式では、何が見られるの?まとめ

百里基地航空祭 平成26年2014年は開催されません

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます