広島に行ったとき 「広電」にはじめてのった

 広島にいったときの話。広島がリーグ優勝するかという頃に広島に行きました。本格的に広島に行ったのは二度目です。

あいにくの雨ですが、カープの優勝を目の当たりにしようというカープファンで真っ赤でした。

 広島駅に初めて降りたのですが、改装したようで、よくわからずちょっと迷ってしまいました。

 駅を出ると一度乗ってみたかった路面電車「広電」(広島電鉄)がいました。駅前のバスターミナルみたいな場所に広電が何台か停車していました。

 雨が結構強くて、傘を差しながらの撮影はちょっと大変でした。


 
 なんと!というか広島なんで当然といえば当然ですが、スイカが使えませんでした。

知らないでタッチしたら、ブー!。広電専用のICカードがJR西日本のイコカのみだそうです。

 そのために両替機があります。

 本日広島でのミッションの時間まで少し時間があるので、乗ってみました。

 バス停でなくて電停なんですよね!利用しているひとには当然でしょうが、とても新鮮。

 やってきたのは広島そごう。30年近く前に一度来て以来の訪問。感慨深い。

 そして、日本人ならば一度は訪れるべきとおもう原爆ドーム。


雨でしたが、欧米系の外国人観光客がたくさん見学していました。欧米の人は、こういう文化的な施設に関心があるんですね。

 ラッピング電車で広島駅に戻りました。

 広島駅に戻ると、広島カープカラーの新型車両がいました。これはインパクトありますね。

 この日の用事を済ますと、帰りは現場から広電で帰ることになり、市内を縦断して広島駅へ戻りました。

結局午前中も夕方も広電に乗ることができました。路面電車いいですね。

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます