消防技術安全所一般公開2013 迫力の燃焼実験

消防技術安全所一般公開で実施された迫力の燃焼実験です。実際に火災の際の炎の動きなどを解説します。

136685330393313207839_IMG_0412_R

火を使用するので当然危険です。そのため「燃焼室」という実験棟を使用します。

136685223555813207839_IMG_5249_R

煙が出るので、マスクが配布されました。

136685323044913208650_CIMG8907_R

まずは、熱伝導について。これが、熱センサー。

136685231460413206693_IMG_5254_R

熱の温度は、会場のモニターに表示されます。

136685234665913207795_IMG_5250_R

ガスバーナーで火をつけて、そちらにセンサーを向けると温度が上がるようす。

136685241597113206693_IMG_5263_R

炎とセンサーの閒をベニヤ板でさえぎると温度が下がります。

136685247848613113982_IMG_5269_R

ガスバーナーで鉄の棒を熱します。それにセンサーを当てて、温度の変化を確認します。

136685255422613208125_IMG_5287_R

続いて燃焼実験です。手前にかけられた衣服、奥には段ボールやベニヤ板があります。どのように着火していくかの様子を実際に見ます。

136685267455313208650_IMG_5291_R

着火されました。今回は、時間の関係でガスで炎を出します。

136685273071213115568_IMG_5318_R

燃焼室の中で実施しているのですが、熱気と煙は外まできます。

136685282443313207984_IMG_5340_R

部屋の中で炎が天井にのぼり、巻くように部屋全体に広がります。

136685289541113114050_IMG_5358_R

解説の消防隊の方も身を乗り出しての解説。

136685293735613113887_IMG_5363_R

迫力がある内容は、とても人気があります。正面に居ないとよく見えないので、ご注意ください。

136685336763513115568_IMG_0415_R

部屋の外の衣服にも火が燃え移りました。

136685298395513116631_IMG_5370_R

炎は部屋全体を多い、すごい熱気と黒い煙が吹上ます。

136685304113913113982_IMG_5388_R

部屋の中もこのとおり。

136685307574813115719_IMG_5383_R

燃焼実験終了です。消防隊の方が、消火開始。熱と煙は迫力があり、火災の恐さを実感できる展示でした。

136685314122613114050_IMG_5406_R

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます