那覇基地航空祭 美ら島エアフェスタ1日目暫定リポート

 那覇基地所属の鷲組と天狗のF-15,T-4,築城のF-2,芦屋のT-4、那覇ヘリ団のチヌーク、美保のC-1,小牧のKC-767、日本トランスオーシャン航空のピンクジンベエジェット、海上自衛隊那覇航空基地のP-3Cなどが展示されました。

天狗飛行隊のみ、特別塗装機でした。

 飛行展示は、那覇空港のトラフィックがあまりにも多すぎて、なかなか実施できず。
 しかし、頻繁に旅客機やF-15が離着します。午前中は、ホットスクランブルがあったようです。

 機動飛行も実施されたんですが、やはり民間機の離着陸の合間ということで、かなりまのびしてました。
 

 旅客機の離着陸やタキシングの様子は何度も何度も見られました。

その他P-3Cや海上自衛隊のSH-60K,陸自のチヌーク、空自のE-2Cなどの離着陸も見られました。

 午後4時。海風が吹いて、会場は寒かったです。関東が真冬の寒さなので、冬用の登山用メーカーの防寒具を持参したんですが、それを着ても寒かったです。

 午後6時過ぎから「ナイトフライト」があるんですが・・・早朝起きてちょっと疲れ気味なのと、寒さのなか、あと1時間以上待っているのもつらいかなとおもい撤収しました。

 

 ちなみに那覇市街へいったら、そんな寒くなかったです。那覇基地のエプロンは、海の近くなので海風が強くて寒かったんでしょうかね。

ATLAS WEB.COMを以下よりフォローできます