ホテルニューオータニ「トゥールダルジャン」フレンチディナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

 東京・ホテルニューオータニにやってきました。御三家と言われる老舗ホテル「帝国ホテル」、「ホテルオークラ」、「ホテルニューオータニ」の一角。言わずと知れた高級ホテルです。

 ニューオータニは庭園が有名で、来日し宿泊した外国国賓、有名俳優などが庭を楽しむ様子がよく報道されます。

 本日行くのは、同ホテル内にあるフランスの超有名レストラン「トゥールダルジャン」。

庭から見ると、写真右手二階付近がレストランです。

 「トゥールダルジャン」は、1582年にパリのセーヌ川のほとりに誕生し、世界中の美食家を虜にした有名レストランです。

以前取引先の社長夫人とお話ししている最中に「トゥールダルジャン」の話題になったので、「あ~ニューオータニにありますね」と知ったかしていったら、「セーヌ川のよこのよ」と言われ、赤っ恥をかいたことがあります。

 そんな高級レストランです。いざ。

 エントランス前には、「トゥールダルジャン」の保有するゆかりの逸品が展示されています。

 これらは帰る際にお店の方が説明くださいました。

 着席。

 食前酒・・・これは、社会人になったころよく販売していたあの「トゥールダルジャン」じゃないか。

前職の会社で「トゥールダルジャン」のワインとか売っていたんですよね。あの「トゥールダルジャン」とこの「トゥールダルジャン」が気持ち的に一致しないのがなんとも複雑な気分。

 食前酒で乾杯。(ドライバーはノンアルコール)

グレッキューと庭園のハーブのビストウ。

パン。こういうところは、パンがおいしいんですよね。

ジロル茸のマルムラードとかぶのマリネ。

オマール海老のメダイヨン。

 ガスパッチョソースとズッキーニのサブレ パルメザン風味。

 モンサンミッシェル産 ムール貝。

 冷製ヴルーテ シェーブルチーズとともに。

 メインは、2種より選択。ひとつは、「特選和牛フィレ肉 オリーブソースと薫香ナスのオニオンファルシ バス久名産チョリソー飾り」。

 もう1種は、「幻鴨の備長炭グリエ 夏野菜のソース アンティチョークとポテト添え」。

 メインを「特選和牛フィレ肉 オリーブソースと薫香ナスのオニオンファルシ バス久名産チョリソー飾り」とした人

 「トゥールダルジャン」は鴨料理で有名なレストランです。

 「トゥールダルジャン」で有名な本日用意した「鴨の証明書」がついてきます。

 シリアルがあります。

 割り印も。

 マンゴーとホワイトチョコレートのフィヌフィーユ

コーヒーをいただきながら、小菓子。

トゥールダルジャン (TOUR D’ARGENT) 以下 トゥールダルジャン公式サイトより

ロケーション: ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階

住所: 〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1

電話: 03-3239-3111(トゥールダルジャン直通)

営業時間:

ランチ  12:00~13:30(最終ご入店時間)※ランチは毎月不定期開催

ディナー 17:30~20:30(最終ご入店時間)※月曜日定休

ご予算:
ランチ:不定期開催のため、詳しくはお問い合わせください。
ディナー:コース18,000円~ ※アラカルトメニューもございます。
ワイン:ボトル12,500円~ グラス2,500円~
※いずれも税金・サービス料別
※ドレスコード:男性のお客さまには、上着の着用をお願いしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加