ん、街中に船の救命浮環が・・・なにこれ?「朝陽丸」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

柏駅東口の旧水戸街道街道を歩いていたら、足元に見慣れたものが・・・

なにこれ?救命浮環(きゅうめいふかん)だ。港や造船所によくみかけるので、違和感を感じなかったのですが、冷静に考えてみるとなんで、こんな街中に救命浮環があるの???

よくると、もともとある消防栓に輪投げみたいに入っているように見えます。

は~酔っぱらいがどこかの居酒屋の看板に使われている救命浮環を持ってきて、歩いていてら、消防栓をみて、輪投げをしてみたということが推測されます。

ヒドっ(;^_^A お店の方は、困っているのではないかと思われます。

この救命浮環には船名が「朝陽丸」とあります。名前からして漁船かなあ。しかもそんな大きなふねじゃなさそう。

でも素材からすると、ディスプレイ看板で作った偽物ではなく、本当に使用されていた、あるいは使用可能なものでした。

ちなみに「居酒屋 朝陽丸」で検索してみましたが、同名の居酒屋はヒットしませんでした。

実は、この救命浮環を撮影し、そのうちブログにでも載せようかなとおもっていたら、翌日なくなってました(”_”)

気づく人は気づくし、またもっていかれたのか。あるいは、持ってきた酔っ払いが、反省して返しにいったか。

そのうちどこかの居酒屋に店頭に飾ってあるのに遭遇するかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加