リンガーハットの「えびトムヤムちゃんぽん」食べてみたけど、中途半端な印象

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

 タイ料理好きです。尿酸値高目なので、痛風にならないように、尿酸値をあげる食材のエビを避けてます。食べますけど、なるべく。

街中のリンガーハットで、「えびトムヤムちゃんぽん」なるメニューが最近あります。

 ちゃんぽん好きだし、タイ料理好きだし、エビは目をつむって、たべてみるか!と注文してみました。ちなみに注文したら、店員さんに「パクチーがはいっていますが、大丈夫でしょうか?」と聞かれました。パクチー嫌いなひとも多いので、クレーム防止のために先に説明することになっているようです。

 餃子もすきなので、セットにしました。見た目は、ちゃんぽんのスープが赤茶色で、大き目のエビが複数入っている感じ。トップにパクチーがしっかりのっています。これなら、「パクチーはおのせしてよいですか?」と聞けば、嫌いなひとは「のせないでください」と言われるだけのような。

 食べた感想ですが、なんか中途半端な印象。トムヤムクンにするなら、トムヤムクンのような香辛料や辛さのインパクトがほしかった。

ちゃんぽんに未練を残したから、ちゃんぽんとトムヤムクンを混ぜた見たいな微妙な味となってしっまった感じ。

 ちゃんぽん感を残さないと、リンガーハットじゃないということで、敢えてトムヤムクン度合いを落としたと思われます。

 個人的に(タイ料理好きなので、偏ってますが)は、ちゃんぽんは定番メニューなので、ここはグッとトムヤムクン度合いを強めにした方がインパクトがあったんじゃないでしょうか。

 インパクトを出すことで失う客を確保しようと、無難な路線に走ったことが、僕としては中途半端な印象でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加