神戸 南京町中華街「雅苑酒家本店」観光客が少ない美味しいお店

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

この日の神戸の街は小雨。神戸の中華街にいってみることに。神戸の中華街は南京町と呼ばれています。 土地勘がないのでどのぐらいの距離だか分からない分からないことと、小雨、時間がもったいないので三宮付近よりタクシーを拾いました。

南京町の「雅苑酒家 本店」(がえんしゅかほんてん)という店に行きたいんですがと運転手さんに告げると、「そのなんとかいう店は知らんから、南京町まで行くんでそこから自分で探して。南京町は車入れんし。」と南京町のそばで降ろされました。関西弁というのは関東の人には怒っているように聞こえることがあるといいますが、感じが悪い印象でした。観光都市神戸の割にここのタクシーは感じ悪い人に遭遇する確率高い印象です。自分がよくいく北海道、新潟、静岡、京都舞鶴、米子、那覇の中では格段にタクシーの対応がよくない確率が高い地区という感想です。

さて初めて来た南京町は 横浜の中華街と雰囲気はにていますね。横浜より規模は小さいそうですが中華街の雰囲気は満点、横浜同様観光客目当てのお店が多いようです。

今回お目当てのお店の看板が見えてきましたが、手前になんか人がいる。

どこかで見た人かと思えばブルース・リーじゃないですか 。今の若い人たちはブルー・スリーを知らないんでしょうね。ぼくらの世代にはヒーローでした。

雅苑酒家本店は、南京町メイン通りから 脇道に入った二階がお店です。ちょっと分かりづらいので観光客よりも地元のお客様が多い印象です。その分期待値高そう。

店内に入りメニューを見ると大皿料理ばかり。大人数で来たらとても楽しみなお店ですが、一人二人で来た場合は、ひと品のボリュームがおおくて困ってしまうかも。どう見ても一皿で四人前以上のボリューム、価格です。とりあえずビールを頼み、コースにすることにしました。

・前菜盛り合わせ。ビールのつまみにちょうどよい感じ。これは正解。

・フカヒレスープ。これはコースじゃないと頼めない。中華料理店は、少人数だとスープ系は多すぎる場合が多いです。

・ズワイ蟹の爪揚げ。パーティーとかでたまにでてきますが、そのイメージで食べたら、全然違いました。予想外にうまい。

・カゴ入りオホーツクの帆立入り海鮮炒め。なるほど、どれもおいしい。

・黒毛和牛ランプ肉のチンジャオロース。コースだと少人数でも適量でちょうどよい。

・香港焼きそば。細麺です。

・デザート

とても美味しく 楽しい中華料理をいただくことができました。ここは当たりでした。

雨もやんだので、帰りは歩いて帰りましたが、雨さえ降っていなければ元町から三宮界隈はちょうどよい散歩コースなんですね。

雅苑酒家 本店 (ガエンシュカ)

電話 078-331-8828

住所 兵庫県神戸市中央区栄町通2-8-7

営業時間

【月~金】11:30~15:00(L.O.14:45)17:00~21:30(L.O.21:00)

【土・日・祝】11:30~15:30(L.O.15:00)16:30~21:30(L.O.21:00)

定休日 年中無休

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加