美々卯 千葉そごう店で、うどんすき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

久しぶりの新京成。高校時代3年間お世話になった思い出の路線です。現在は松戸駅から京成線直通で千葉中央まで行きます。松戸から千葉駅まで乗り換えなしで行くことができます。

京成津田沼で乗り換えないと千葉に行けなかった世代にはカルチャーショックなことです。

出発前に松戸駅でパチリと。新京成もイメージカラーがピンクでおしゃれになったなあ。

高校の頃は駅員がアフロヘアで、靴のかかと踏んづけていたのを覚えてる。

学校で長髪やパーマ禁止と言われていたのに「大人なのにあんなでいいのか」と思ったもの。

約一時間ほどで京成千葉駅に到着。駅を降りると、すぐそごう千葉店です。

本日は当初から狙いどおりレストラン街の美々卯へ。昼時なんで、しばし並んで待ちます。レストラン課のスタッフさん(そごう社員さん)が椅子を用意してくれました。細かい描写ですが。

5分ほどまって入店。やはり満席の賑わい。さて、予定通りうどんすきを注文。

すぐに鍋が運ばれ、とっくりに入っただし汁が注がれます。そのシーンを撮りたかったけど、こぼれないように慎重に注いでる女性スタッフに失礼かなとおもいやめました。

先に薬味がきております。レモン、ネギ、生姜、もみじおろし。

すぐにうどんが投入されました。少なめで、おかわりしてくださいとのことでした。

続いて食材を投入。投入はスタッフさんにお願いしました。入れ方もあって、今回2名分のため、鍋を対称に交互に食材をおいていきます。中央に鶏肉、最後にいんげんを交差させておわり。ちなみにこの作業があるため、うどんすきは10%のサービス料が付加されます。

IHなんですが、すぐ沸騰します。鶏肉に火が通ったら、食べごろです。

昔、大晦日に美々卯のうどんすきを売ってましたが、恥ずかしながら食べるのは初めてでした。うどんすきコースというメニューもありますが、これで十分満腹になります。

美々卯 千葉そごう店

電話 043-306-1505

住所 千葉県千葉市中央区新町1000 そごう千葉店 10F

営業時間 11:00~22:30

定休日 無休

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加