本塩釜駅構内 居酒屋「塩竈酒場タセイ」(夜)の天丼とは、どんな天丼?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

仙台からJR仙石線に乗って本塩釜駅で下車。改札をでます。

ここ塩竈は日本有数のマグロ水揚げ地である塩釜漁港があります。おおきなマグロのオブジェ。よく見ると「MAGUROの詩」とあり、背びれのあたりに時計があります。写真を撮ったときは気づきませんでしたが。

改札をでるとすぐ、「塩竈酒場タセイ」さんがあります。

入り口付近海産物のお店となっており、奥が居酒屋、和食屋さんになっています。海産物の物販店舗が夜間居酒屋さんより早く終了しますが、居酒屋さんは営業しているので外の「営業中」の看板をご確認ください。

この写真は帰りに物販をしているお店が閉店しているため、少し薄暗い感じになっています。

きょうはカウター席です。ここは目の前で魚が捌かれるのが見られて、飽きません。昔のグルメ番組「料理の鉄人」のキッチンスタジアムを目の前で見ているみたいな感じで楽しいです。カウンターの方がテーブル席より特等席かもしれません。

お通し。

ミニサラダ。普通のサラダだと多いかなとおもって、ミニにしました。

店内のホワイトボードを見ると、本鮪の文字。塩釜は、近海で獲れた冷蔵マグロが食べられます。ご存知の方も多いかと思いますが、マグロは北太平洋やインド洋などで獲れる遠洋マグロと青森の大間のマグロなど日本近海で獲れるものがあります。遠洋マグロは日本に運ぶのに時間がかかるのでその場で急速冷凍処理がされます。近海のマグロは比較的すぐに港に戻れるので、冷蔵で処理されます。冷凍か冷蔵かどちらがうまいかは、いろいろ意見があるのですが、ここ塩釜は近海のマグロの水揚げが多い港です。そのためか、人口あたりの寿司店が日本一多い場所でもあります。

あたり前ですが、本当においしいです。塩釜や清水、境港など国内有数のマグロ水揚げ基地で刺し身を食べていると、おいしいマグロに口が慣れてしまいます。ちなみに沖縄もマグロがよく獲れるのですが、あまり口に合わないです。暖かい海だからでしょうか。

しおがま藻塩 ハイボール」。しおがまの藻塩は、この地域で昔から使われている藻塩草(アカモク)と一緒に煮詰めるという作り方で、塩も松島湾の塩を使用して作られるそうです。

ここに来ると魚ばかり食べてしまうので、たまには唐揚げ。これもやわらかく、サクッと揚がっていて美味しかったです。

シメの一品。鮭茶漬け。ここではじめて食べたとき「鮭茶漬けって、本当に炙った鮭をほぐしてのせるんですね」と感動した品。いつも鮭フレークの鮭茶漬けばかり食べているので。

前回来たとき、メニューの「(夜)の天丼」というのが気になってました。

「夜?昼に天丼を食べたことはあるけど、なにか違うのか。具材が違うのだろうか」と疑問におもっていました。

この疑問を店長に聞いてみました。すると、夜はアラ汁がつくとのこと。

なるほど、では(夜)の天丼。

アラ汁は、具材がたっぷり。おいしい。これとお新香、ご飯だけでもよいかも。

飲んだ後のシメには豪華すぎる(夜)の天丼。これで1000円で、よいんでしょうか。

そそり立つ天丼タワー。

天丼だけ食べに来くるだけでも価値があると思いますよ。

塩竈酒場タセイ

電話 019-681-3383

住所 宮城県塩竈市海岸通15-1 JR本塩釜駅

営業時間 11:00~14:00 17:00~23:00

定休日 不定休

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加