松戸駅アトレ「東京ガパオ」は予想外に本格的タイ料理が食べられる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

松戸駅駅ビル「アトレ(旧ボックスヒル松戸)」の7階レストラン街がしばらく改装のため休業しておりましたが、2019年4月25日オープンしました。レストラン街の改装は、なんと20年ぶりとのこと。

雰囲気もおとなっぽくなり、テナントも入れ替わったのでぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。照明を白色灯から黄色灯に変えて、間接照明を使っているからかと思います。

エスカレーターを上がって7階に到着するとすぐ目の前にあるエスニック料理、タイ料理といってもよいのでしょうか、の「東京ガパオ アトレ松戸店」さんに行ってみました。

率直にいうと、どこかのレストラン運営会社がやっているなんちゃってエスニック店だろうと思っていったのですが、結構本格的でした。また多くのメニューが、ハーフサイズで注文できるので、一人、二人の少人数でも色々食べることができます。タイ料理店って、一皿が結構なボリュームがある場合が多いので、少人数で行くと2,3種類でお腹がいっぱいになってしまうことがありますが、こちらは大丈夫です。ビールもタイのシンハー(SINGHA)やチャーン、シンガポールのタイガーなどあります。とりあえずサッポロ生ビール。

僕が注目したいのは、輸入ビールの価格。だいたいシンハー(SINGHA)とかって、700円程度の値付けをしているお店が多いのですが、ここは税抜き556円と良心的です。特にインドネシアのビンタンビールは置いている店が少ないのにやはり556円(税込み)は安いと思います。

ちなみにビンタンビールは、バリ島などインドネシアでは定番のビールです。

調味料も色々。
辛い料理が多いので、お水がテーブルにあるのはうれしいです。
ソムタム(ハーフ)。結構辛い。
ギヤオムー肉ワンタン揚げ(ハーフ)。中華の揚げワンタンと違いますね。もっとあっさりした感じです。
豚しゃぶパクチー(ハーフ)。これはそのまんまです。パクチーが大量です。
ここでビンタンビール投入。暑い国のビールなので、とても軽い味わいです。飲ん兵衛さんには、「水だ!」と言われそう。
トムヤムガイトード(ハーフ)。トムヤム風味の唐揚げです。スパイシーです。
パッウンセン(ハーフ)。豚肉と春雨、タイ醤油で炒めたものです。
鉄板チーズガパオライス 。これは邪道かもしれませんが、うまい。混ぜて食べると・・・これはチーズと合いますね。韓国料理のチーズ石焼きビビンバみたいな感じです。ごはん系はハーフの設定はありません。

訪問したときに思ったのは、女性のひとり客がとても多いこと。フロアと店内の仕切りの無い店内なので入りやすいのとタイ料理好きな女性が多いからでしょうか。

これはエレベーターホールから松戸駅西口の夜景です。

東京ガパオ アトレ松戸店

電話 047-702-7530

住所 千葉県松戸市松戸1181 アトレ松戸 7F

営業時間 11:00〜23:00

定休日 不定休

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加