「麗宮飯店」閉店  最終日訪問リポート

 令和2年秋9月30日に閉店した柏駅南口の中華料理「麗宮飯店」さんの最終日に行きました。

店舗の全体像を撮るため西口方面から行きました。ペデストリアンデッキより。露出がうまくなく、ちょっと暗いです。

昔から変わらない「麗宮飯店」の看板。

エントラスには、2012年7月25日に亡くなった地元柏の画家早川義孝画伯の本画でしょうか。

柏のお店らしい演出です。早川義孝ファンで、地元で商売をしている方は版画を掲示しているお店もあります。

最終日ということで予約をしておいたのですが、混んでました。ほぼ満席です。

若干席はあるのですが、お一人でいらっしゃるお客さまなどが入れ替わり立ち替わりおり、終始活気に満ちた、往時を思い起こす店内の雰囲気でした。

 予約をしたからか入り口左側のソファ席を用意していただきました。

最後のメニュー、チャレンジより慣れしたんだ料理を食べて名残を惜しみますか。

見ていると、あれもたべたな、これがうまかったなと思いだします。

キリンの生。

三種前菜盛り合わせ 食べられる量は限られるのでこれにしました。とりあえず三種類食べることができるので。

 

ピータン豆腐 前菜は蒸し鶏か棒々鶏も好きですが、悩みつつこれにしました。

揚げワンタン甘酢ソース 

貝柱入り卵炒め これほんとに美味しいんですが、貝柱が尿酸値に良くないかなと避けておりましたが、最後なんでオーダーしました。やはりうまい。こちらはハーフサイズです。

焼き餃子が最終日はないとのことで、もっと食べたいのですが、そんなに食べられず。予約した際に、料理によっては提供できないものもありますと言っていたので仕方ない。在庫を残せないし。

残念ながら最後の料理になりました。担々麺もおいしいんですが、やはりこれ。

陳麻婆豆腐 + 半ライス

やはりこれですね。麻婆豆腐は色々なお店で食べていますが、ここが一番うまいんじゃないでしょうか。四川風の辛い麻婆豆腐が好きだというのが大前提にあるのですが、やはりうまい。

このお味は、赤坂の四川飯店とかその系列の独立店に行けば近い味が食べられるんでしょうが、気軽に行ける「麗宮飯店」さんがなくなるのは痛いなあ。最後も美味しかった。

最後だし、デザートもいただこうと思い注文しました。

ココナッツプリン 黒ごまソース

タピオカ入りココナッツミルク

会計のとき、いつもの女性店員さんに「長いあいだありがとうございました。これからもお元気に」と言われ、残念で気の利いた言葉も出てきませんでした。

入り口のこの看板は、アサヒスーパードライにやられて劣勢だったキリンが販促のため得意先の居酒屋などに配布したものです。当時の街中に大量に出現したものです。屋外の看板は風雨にさらされたり、酔っぱらいに倒されたりして破損したりしてほぼみなくなったので、きれいに残っているのは貴重でした。

店を出るときに入り口の食品見本をみて、見るたびに「今度たべよう」と言っていたおこげは食べることができませんでした。これだけが心残りです。

 前の会社の後輩がこの柏プラザホテルの立ち上げにずっと関わっていた縁もあり、会社の忘年会や送別会でも何度も利用しました。階下には、何部屋もある宴会場がありました。

何十年通ったでしょうか。美味しい料理といつ行っても感じのよい接客をありがとうございました。ここのアルバイトの店員さんはみなさんしっかりしていました。

 

麗宮飯店 2020.9.30閉店

住所 柏市旭町1-5-3  柏プラザホテル内

電話 7147-1112

定休日 月曜

営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました