憧れのホテルオークラ ラ・ベル・エポック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

 日本のホテルの御三家。帝国ホテル、ホテルニューオータニ、そしてホテルオークラ。仕事で利用することが以前あったことや取引先のお客様でオークラのOBだった方でとてもよい方がいらしたりして、個人的にオークラびいきです。

 でも御三家と称されるように国内屈指の高級ホテルということで、なかなか足が向きません。でも最近仕事でこの周辺に行く機会がたびたびあります。

 今回も日曜に虎ノ門界隈に行ったのですが、(土)(日)この界隈はサラリーマン相手の飲食店は、営業していないんです。霞ヶ関の官庁街も休みですしね。

 そうだ、たまにはオークラいちゃおうか!と一応ランチで、5千円ぐらいの予算で行ってみました。

 狙い目は、前職の時代に行ったレストラン「カメリア」。ここは、カレーが千円ぐらいと比較的お手頃(^_^;)。しかし、ランチのカメリアはビュッフェスタイルでした。せっかくオークラ来たのにビュッフェは・・・あまり好きでないのでやめることに。

 他にないのか案内の女性に勧められたのが、フレンチのラ・ベル・エポック。雰囲気を撮影しつつ、ここまで写真撮影できました。

IMG_2998_R

 しかしここを曲がると、黒いタキシードの男性がビシっと整列。圧倒されて写真撮るどこでなかったです(^_^;)

車できたので食前酒は・・・と話すとノンアルコールのワインがあると。また甘いジュースみたいなのじゃないのかなと思ったら、これがおいしい。これは、ワインだ。


IMG_2958_R

 前菜です。

IMG_2959_R

 お魚のカルパッチョ?なんて美しい。

IMG_2962_R

 オークラの厨房で焼いてるパンが、おいしい。焼きたてです。

IMG_2963_R

 これが飲みたかった。ホテルオークラ一番人気のコンソメスープ。ボウルでいただくとスープが、2千円だそうです。深い味わいは、手間と暇をかけた逸品だそうです。

IMG_2964_R

 白身魚のポワレ。ソースが、絶品です。

IMG_2967_R

 和牛のフィレ肉の塩釜焼き。フランス産の塩で肉を窯焼きしたものだそうです。ソースは、定番の赤ワインソースを添えて。

IMG_2970_R

 アイスなどデザートです。まだ続きます。

IMG_2972_R

 そしてずっといろいろ楽しいお話をしながらサービスをしていただいたホール担当の男性が、ホテルオークラ伝統のクレープシュゼットを開始します。

IMG_2976_R

 席で、火を使い作業していきます。トークもさえて、さすがプロ。オレンジバターを温めます。

IMG_2974_R

 オレンジをナイフで剥いていきます。

IMG_2980_R

 数種類のアルコールなどをつかい味を整えます。

IMG_2983_R

そしてコアントローなど3種のリキュールを使い青い炎が伝わるまさにエンターテイメント。

IMG_2986_R

客のテーブルの目の前で青い炎がゆらめく様子は、ホテルオークラの伝統の技。

IMG_2989_R

 間もなくクライマックス。食事は食べるだけじゃない、楽しむんだというのを改めて知ったような気がしました。

IMG_2992_R

 どうですか。当然おいしかったです。お味もよかったけど、調理を目の前で見て、お話をして、本当に楽しかったです。

IMG_2993_R

 やっと、コーヒーです。背の高いコック帽をかぶった料理長さんがいらして、「お料理は、どうでした?」など気さくに話してくださいました。きょうの食材などいろいろお話してくださり、二度美味しかったです。

IMG_2997_R

 カレーでもと思って入ったオークラは、当初予定の予算を3倍以上オーバー(^_^;)でもまた来たい!と思うお料理、サービス、雰囲気。さすがオークラさんですね。

ラ・ベル・エポック (La Belle Epoque)

TEL 03-3505-6073

住所 東京都港区虎ノ門2-10-4 ホテルオークラ東京 別館 12F

営業時間
【ランチ】11:30~14:30 【ディナー】18:00~21:30

定休日 無休

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加