掲示板 リンク FACEBOOK twitter BLOG  メール

ATLAS WEB.COM

平成12年度海上自衛隊自衛隊観艦式事前訓練

2000.10.25 護衛艦「うみぎり」木更津港より乗船


 艦船ガイド




 10月25日水曜日。初めて艦船言うものに乗って来ました。今回は、観閲官(観閲する側、見る側)の随伴艦と言うことで、場所的にはあまり良くありませんでした。
 と言うのも観艦式は、最高指揮官の乗船する観閲艦である護衛艦「しらね」を中心に観閲を受ける(受閲)ので、観閲艦を中心に中心に様々な訓練展示が行われるからです。まあ受閲艦の方は、それよりも条件が悪いそうなんで贅沢は言えません。
 毎度のことですが、僕は、ビデオ中心なんで肝心のシーンが抜けていることをご了承ください。今回ポジション的にも撮影できなくて残念だったのが、祝砲、ミサイル発射、P-3Cの爆雷?投下(これは、水飛しぶきが上がり振動が船まできました)、US-1の水上着陸などが「しらね」の前を中心だったんで、遠くて撮影できないくらいでした。

 

護衛艦 うみぎり の艦内の様子

 護衛艦「うみぎり」乗船の関係者のみなさんは、お世辞じゃなくて本当に親切、丁寧で感動しました。海の男はやさしいのかな。本当に、帰りは「お世話になりました。」と見送って下さったみなさんに,言って降りたくらいです。


甲板上のヘリコプター格納庫では「うみぎりグッズ」を販売
またその手前のヘリ発着スペースがイベントなどのメイン会場になりました


 
館内の急角度のはしご 
女性やお年よりは大変だけど、すべての場所に助けてくれる水兵さんが居る。皆さん親切でした


甲板の通路は狭いけど、大人は十分行き違えます


 その他、ごみ捨て箱や喫煙場所も用意されており、本当に至れりつくせりでした。


うみぎり の装備

 各種装備品は、行きと,帰りに実際に動かして、運用の状況を展示してくれます。素人ゆえ名称などの間違いはご勘弁を。


 対空ミサイル「シースパロー」発射機

すごい速さで上下左右に動く 映画ロボコップの敵ロボットのような動き

魚雷発射管

76ミリ単装速射砲
これも動かしてくれました

LSO ヘリ着艦などの指揮を行うところ
このガラスの中から着艦するヘリを誘導する


 観艦式事前訓練の様子



緊迫の艦橋(ブリッジ)にも入れて頂きました
東京湾の交通の要衝、浦賀水道を通過するときなどは、無線や指示が飛び交います


浮上潜行を繰り返す潜水艦


ヘリはたくさん見られます


SH-60Jの編隊飛行


着水体制に入るUS-1A


LCAC
輸送艦「おおすみ」から出てくるホバークラフトです

受閲を受ける艦艇

ミサイル艇


受閲を受ける潜水艦


P3Cによる爆雷投下。この距離でもかなりの振動がありました

ちなみに落としたのは

右の「150キロ対潜爆弾」です


 9時に出航して、相模湾に着いたのが11時過ぎ。このころ雨がぱらぱら降って来て、どうなるかと思いましたが、なんとか持ちました。でも、お天気は曇りでそれこそ「うみぎり(海霧)」のようなかすんだ状態で、ちょっと残念でした。
 観閲が始まったのが、12時ころ。終了が1時半ころ。そして、木更津港に着いたのが,4時過ぎ。そこからが長く、接岸作業が長く、そして降りられるまで小一時間かかりました。地上に立ったのは5時半近くでしたでしょうか。
 はじめての艦船でしたが、どうしても航空機の方が気になっちゃって。P-3C、F-15、SH-60などの動きばかり気にしてました。正直,飛行機がやっぱり好きだと認識したしだいです。(^^;


   
当サイト内の動画・画像(掲示板、ブログなど)の無断複写・転載、使用は、かたくお断りします
管理人について 管理人宛メール 著作権・免責事項
Copyright (C) ATLAS WEB .COM All Rights Reserved.