掲示板 リンク FACEBOOK twitter BLOG  メール

ATLAS WEB.COM
風船爆弾の模型 江戸東京博物館

 東京 江戸東京博物館

 戦争遺跡ガイド



 

江戸東京博物館にはじめていったのですが、意外なものを発見してしまいました。太平洋戦争中の秘匿兵器を使用した「ふ号作戦」のあの兵器の模型が、展示されていました。

ふ号兵器とは、旧日本陸軍が製造した、風船爆弾のことです。風船爆弾の構造です。気球部分は、和紙で作られていたようです。



ゴンドラ部分に焼夷弾を装着して、太平洋を横断して、アメリカ本土を攻撃しようという兵器です。


 こちらには、興味深いゴンドラ部分が再現されています。



 アメリカ本土を目標に飛ばすため、福島県勿来、千葉県茂原、一宮などから飛ばしたそうです。



風船爆弾の経路です。生産個数はおよそ1万発程度だそうで、実際に9300発が放球されたそうです。

 アメリカ合衆国で確認されたのは285発だそうです。


当サイト内の動画・画像(掲示板、ブログなど)の無断複写・転載、使用は、かたくお断りします
管理人について 管理人宛メール 著作権・免責事項