掲示板 リンク FACEBOOK twitter BLOG  メール

ATLAS WEB.COM
甲飛予科練之像

 静岡県清水区美保

 戦争遺跡ガイド



 

静岡県清水区の三保半島へ行きました。富士山の絶景ポイントで有名な美保の松原付近なんですが、カーナビに飛行機マークがあったため・・・???と思って行ってみると三保飛行場という滑走路が、ありました。

 こんな場所に飛行場があったのかとおもっていると脇にこの像が、ありました。甲飛予科練之像。この付近は、はじめてきた場所ですし、土地勘もないので知りませんでしたが、甲飛予科練が、存在したようです。

 像の下に碑文が、ありました。



 碑文によると

 『甲飛予科練之像」記念碑案内「甲飛予科練」とは太平洋戦争時、海軍航空隊に入隊した甲種飛行予科練習生のことであり、旧制中学三年生から、志願により選抜された者たちである。

 昭和十九年九月一日 清水海軍航空隊がここ三保の地に開隊され、予科練習生十四、十五、十六期生千数百余名が航空兵を目指して、日夜厳しい教育と訓練に明け暮れた所であります。

 当時、学業半ばにして国難に殉ぜんと、全国より馳せ参じた若人、今だ思慮分別も熟さず、心身も長じていない少年期の練習生が、「潔く散ってこそ若桜の生きがい」と生還を期し得ない精神と技量を養成されました。

 思えば、純朴にも祖国のため何の疑念も抱く事なく、身命を捧げんとしたのであります。愛国心に徹した人生観、青春のひととき、苦楽を共に過ごした霊峰富士を眺める時、清水海軍航空隊がここにあり、わたくしたち甲飛練習生の跡であると、そして更に後世に戦争の悲惨さを伝え平和の尊さを願いながら、この碑を建立しました。』

 とあります。すぐそばには、三保灯台が、あります。


当サイト内の動画・画像(掲示板、ブログなど)の無断複写・転載、使用は、かたくお断りします
管理人について 管理人宛メール 著作権・免責事項