掲示板 リンク FACEBOOK twitter BLOG  メール

ATLAS WEB.COM
記念館「みかさ」 

神奈川県横須賀市 三笠公園内

 戦争遺跡ガイド



 

  三笠については、以下「三笠」公式サイトより説明文をご紹介します「 三笠は、明治35年(1902年)にイギリスで建造された戦艦であり、日露戦争においては東郷平八郎司令長官が乗艦する連合艦隊の旗艦として大活躍しました。特に、明治38年の日本海海戦では、ヨーロッパのバルト海から派遣されたロシアのバルチック艦隊を対馬沖で待ち構え、集中砲火を浴びながら勇敢に戦い、海戦史上例を見ない圧倒的な勝利に大きく貢献しました。 



日露戦争は、帝政ロシアの極東進出により、存亡の危機に立たされた日本が、イギリスやアメリカの支持を受け、国民一人一人が力を合せて戦い抜いた防衛戦争であり、この戦いに勝ったことにより、日本は独立と安全を維持し、国際的な地位を高め、また、世界の抑圧された諸国に自立の希望を与えました。
大正12年、1923年に現役を退き、大正15年に現在の地に記念艦として保存され、国民に親しまれていましたが、太平洋戦争後、占領軍の命令により大砲、マスト、艦橋などが撤去され、見る影もなく荒れ果てました。
その後、「三笠」を元の姿に戻そうとの声が内外で高まり、多くの人々からの募金、政府の予算、アメリカ海軍の支援により、昭和36年(1961年)に現在の姿に復元されました。 」


 正面には、連合艦隊司令長官、東郷平八郎元帥の銅像がたっています。



 東城鉦太郎作画の日本海海戦当時の艦橋に立つ東郷司令長官など当時の様子をうかがい知る貴重な資料です。



艦内には、展示室があり、当時の資料や遺品などが展示、説明されています。



記念艦「みかさ」公式サイト は、こちら

当サイト内の動画・画像(掲示板、ブログなど)の無断複写・転載、使用は、かたくお断りします
管理人について 管理人宛メール 著作権・免責事項