掲示板 リンク FACEBOOK twitter BLOG  メール

ATLAS WEB.COM
旧海軍特務艦「宗谷」

 東京 お台場 船の科学館

 戦争遺跡ガイド



 

 お台場の船の科学館にある南極観測船「宗谷」です。まったく知識がなかったときは、単なる初代南極観測のために建造された船というくらいの認識しかありませんでした。

 しかしこの宗谷には、意外な歴史があったんですね。もともと南極観測のために建造されたのではなくて、昭和11年10月31日当時のソビエト連邦からの発注を受けて耐氷型貨物船として起工されたものの大二次世界大戦が勃発する一触即発の情勢下、ソ連には引き渡されることなく民間商船「地領丸」として竣工しました。 
 
 しかしこの船は、砕氷船としてつくられ、最新のソナーなどの装備が日本海軍に目をつけられて買取られて「宗谷」と改名されました。
 日本海軍の特務艦、主に測量任務を行っていたそうです。宗谷は、運がよい船と後に言われる宗谷のエピソードのひとつとして、アメリカ潜水艦から魚雷攻撃を受けるも幸運にも不発弾で無事だったということがありました。
 また南方のトラック諸島大空襲でも奇跡的に脱出し、無事であったこともありました。
 
 終戦後は、海上保安庁の灯台補給船となり、 昭和31年砕氷艦としての能力を変われ南極観測船「宗谷」になりました。
  昭和37年に南極観測の任を解かれて海上保安庁の巡視船となり、昭和53年退役した。

 現在は、塗装は南極観測船のオレンジ色のカラーリングであり、船首には、PL107と海上保安庁の表記がありますが、上記のような数奇な運命をたどった船だったんですね。


当サイト内の動画・画像(掲示板、ブログなど)の無断複写・転載、使用は、かたくお断りします
管理人について 管理人宛メール 著作権・免責事項