掲示板 リンク FACEBOOK twitter BLOG  メール

ATLAS WEB.COM
陸軍鉄道連隊 材料廠煉瓦建築

千葉県千葉市 千葉経済学園

 戦争遺跡ガイド



 

 大戦よりも以前の明治41(1908)年に建てられた煉瓦造りの建築物です。旧陸軍鉄道連隊の施設があった千葉公園付近には、鉄道連隊の施設が点在していたようです。

 千葉都市モノレールの作草部駅東側には、陸軍歩兵学校があり、西側にはこの陸軍鉄道連隊材料厰があったそうです。

 このレンガ建築は、その陸軍鉄道連隊材料廠時代の建物です。鉄道連隊材料廠は、大正時代には千葉陸軍兵器支厰となり、当時軍馬から人員輸送や物資の輸送に格段の輸送力をもつちうことで陸軍から注目された鉄道の列車やレールなどの修理工場として使用されたそうです。




  千葉市教育委員会の説明文によると 東西54.4m、南北7.3mの平屋建物だそうです。
建物上部に高窓があるので、2階建てかと思いましたが、構造は平屋だそうです。

 また煉瓦の積み方にイギリス積と呼ばれる技法を使用したり、建物の内部には長大スパンの連続した煉瓦造の孤形アーチが10連並んでおり、極めて特徴的な明治時代の煉瓦建築だそうです。。

 現在は、大学のサークルの部室にような使われ方をしているような雰囲気でした。

千葉市稲毛区轟町3−59−6(千葉経済学園) 

 ※千葉経済学園敷地内にあるため学生および関係者以外は、敷地内へ無断ではいることができません。敷地内での撮影や内部の見学をしたい場合は、千葉経済学園総務課の許可を得てください

当サイト内の動画・画像(掲示板、ブログなど)の無断複写・転載、使用は、かたくお断りします
管理人について 管理人宛メール 著作権・免責事項