自衛隊イベント情報
アトラスウェブ

下志津駐屯地創立記念行事 ガイド


自衛隊イベント速報  
>  陸上自衛隊イベントガイド



陸上自衛隊 下志津駐屯地祭のガイドです。

(注意) 
以下の内容は、私の個人的な見解に基づくもので、その内容に責任を負いかねます。内容に関しては、主催者の陸上自衛隊下志津駐屯地にお問い合わせ下さい。 


下志津駐屯地、高射学校正門付近とつつじ


電話 043-422-0221  

住所  千葉県千葉市若葉区若松町902

開催日時                            

 例年4月29日開催 つつじが満開のころ

交通  

 東関東自動車道千葉北ICを国道16号千葉方面へ下りて、「四街道」方面へ左折、しばらくして右方面が正門です。

最寄駅 JR総武線四街道駅から徒歩。

概要    

 陸上自衛隊高射学校。そのため陸上自衛隊の高射特科に属するほぼせべての高射特科車輌を一度に見ることができる。模擬戦では、AH−1Sコブラなども飛来します。

例年のプログラム

 開場午前9時。閉場午後3時。

11時くらいまで式典。その後高射特科車輌のパレレード、立体模擬戦など。その他鉄道模型コーナーや高機動車体験搭乗などあり。午後に各種車輌の展示も行われます。

特科車輌によるパレード

 参加車輌の数、高射砲などの迫力は圧巻です。

模擬戦について

 模擬戦は、敵機である航空機から攻撃を受ける可能性のある当下志津駐屯地が、いち早く敵機の飛来をレーダーで補足。それを下志津駐屯地の各種高射群が撃破するというシナリオです。敵機である航空機は、AH-1Sコブラ、OH-6、そしてLR-1(?)が数度駐屯地上空をローパスします。かなり高くて迫力は残念ながら今ひとつです。ただ応戦する高射群各種車輌も空砲を撃ち、煙幕も炊きますのでそれなりに迫力を演出しております。


模擬戦開始 砂ほこりを舞い上げ走行する87式自走高射砲 近いんですごい迫力!
上記2枚は2000年度の画像です


敵機役を勤めたAH1-SコブラとOH6J


応戦する下志津駐屯地の高射特化の車輌


模擬戦後地上展示されたAH1ーS コブラ


毎度おなじみ子供占拠された87式自走高射砲


混雑度  

 陸自の駐屯地祭にしては結構混雑します。


航空祭と違い仕切り線やロープがないので観客も
どんどん前へ行っちゃうんで撮影はしづらいですね。


交通状況 

自動車は、特に周囲の道路が大渋滞になることはありません。と言うか、9時前ならガラガラです。でも帰りは、基地から出るのと出てから渋滞します。でもすぐに空きますので特に心配はありません。


撮影ガイド

 四方どこからでも撮影できますのでそれなりにというところでしょうか。


子供同伴度 

 お子さん連れでも全く大丈夫でしょう。また子供向けのイベントなどもあります。、陸上自衛隊の制服をお子さんが着られるコーナーや高機動車試乗コーナー、鉄道模型コーナーそして子供さんに占拠される各種車輌などかなり遊べます

脚立度 

 そんなに混みませんが観客が多いのであれば便利です。


駐車場                              

駐車場はたくさんあるので大丈夫かとおもいます。


トイレ

混まないので仮設トイレは用意されておりません。建物がありそこにトイレがあるので不自由はしないかと思います。


グッズなど&食べ物

  ミリタリーグッズなどは、その手の業者さんが来ていて帽子、ジャンパー、ビデオなどを販売しておりましたが、部隊のオリジナルのものなどはありませんでした。食べ物は、お弁当、焼きそばなどでした。昼ころは激混みでした。買われる場合は早目に確保した方が良いかも。お昼は行列でした。


広報館

 下志津駐屯地内には広報館があり当日は開放されます。各種高射特科に関する展示、資料など色々あります。


まとめ

 下志津駐屯地祭を効率的に楽しむためのポイントを考えてみましょう。まず模擬戦など見せ場が始まるまで陸自イベントにありがちな偉い人の話などが長いということ。9時ころ行っても1時間半は待たなければなりません。撮影ポイントが難しい。会場正面はほとんどを招待客のやぐらで占められていて残りの部分を早朝からきてござを敷いて場所取りしている地元の人に取られています。パレードを撮るならグランドにこだわらず正面から見て左手のパレード車輌の来る場所やパレード車輌が会場に入るところとかで撮ってもかなり近寄れますので迫力ある画像が撮れるかもしれません。
 模擬戦は車輌がパレードで使用した入り口でなく会場正面からみて左手奥から進入してきますのでその辺にいると目の前を車輌が通ります。またコブラは例年模擬戦終了後に地上展示されますが、会場正面右手がヘリポートなのでコブラの着陸を近くで見たければ右奥にいるのも良いかも知れません。ここでは、立ち入り禁止の仕切り線があまりないのでポジションを決めても後から来場した観客がなし崩し的に前に来たりして邪魔になったりします。そういう意味では脚立で対抗するのも手段の一つかもしれません。ちなみに前にござを敷いて場所をキープしてもどんどん後からきた観客が立ち見状態で目の前に立ちますので不愉快な思いをするでしょう。
 航空祭のようにエプロンでないので地面が土の場所も多く荷物を運ぶコロコロなどは非常に走行不能状態になりますので軽装を心がけるのも良いかもしれません。

 

当サイト内の動画・画像(掲示板、ブログなど)の無断複写・転載、使用は、かたくお断りします
管理人について 管理人宛メール 著作権・免責事項
Copyright (C) ATLAS WEB .COM All Rights Reserved.