掲示板 リンク FACEBOOK twitter BLOG  メール

ATLAS WEB.COM
東京モノレール各駅停車
 モノレールファン


■羽田空港駅

 羽田空港ビッグバード内地下にあるモノレールの羽田駅です。現在北口を南口があり、利用する航空会社によって近くの出口を利用できるようになってます。
 北出口には、航空券のチェックインを出来る機械があります。また東京モノレールのジオラマがあり「模型広場」と呼ばれているそうです。実際Nゲージサイズも東京モノレールの2000形の模型が街中を走るようになってます。



北口と南口2ヶ所の出入り口があります


模型広場


空港地下駅から出ると右手遠くにに滑走路が一望できます


ターミナルはたくさんの乗客が行きかいます


ビッグバード展望台より


■新整備場駅

 新整備場駅は、ビッグバードが開業した際に出来た新たな新整備場地区に勤務する各航空会社の社員さんの利便を図る目的で開業されたそうです。その為こちらの駅を降りても航空会社の施設しかありません。バス停がありますが、社員輸送用の各航空会社の事業所行きのバスのみです。
 ホームは、地下ホームです。改札を抜けて地下道を通り地上の駅出入り口にでます。すぐ横が羽田のタキシーウェイになっているのでまじかを大型旅客機が通過していく様は大迫力です。


駅を出てもひとはまばら 各航空会社施設がならびます


駅出口のすぐ横は滑走路


パイロットが見えるくらいに近くを旅客機が通過していきます


全日空やJALの整備工場があります 画像は駅を降りて5分くらい、全日空整備工場です


事前に予約が取れれば整備工場などを見学が出来る場合もあります

■天空橋駅

 天空橋とはこの駅の近くに流れる海老取川にかかる人道の橋のこと。京浜急行空港線の第一期延伸工事の際、旧羽田空港駅付近の住民が 移転した羽田駅にへ行く利便を図るため、工事の完了時(1993年4月)新設されたそうです。 「天空橋」の名は、地元の小学生から公募して命名されたそうです。 そしてその後平成10年に京浜急行電鉄は、羽田空港ターミナル直下に「羽田空港駅を開業させることに伴い、現在の京浜急行羽田駅を天空橋」駅に改称したため隣接する東京モノレールの羽田駅も同名に統一改称されたそうです。


駅前は、羽田の街の空港側になります。ホームは地下ホームです。



駅を出るとすぐ空港施設があり金網越しに国土交通省の航空機などがみられます


・東京消防庁蒲田消防署空港分署


駅のすぐ前が東京消防庁蒲田消防署空港分署です


航空機火災に備えて大型の化学消防車が配備されてます

・有名な赤鳥居

 お恥ずかしい話ですが、ぼくは知りませんでした。でも飛行機好きじゃない友人も知っているほど有名な赤鳥居。これは、京浜急行天空橋駅近く、海老取川河口近くの弁天橋のすぐよこにあります。弁天橋交番も近くにあります。交番の前をUターンしようとしたら交番のおまわりさんにマイクで怒られました。(^^ゞ
 ご存知の方も多いでしょうが、この鳥居はもともとは違う場所にありました。戦後間もなく進駐軍が駐留しているころの話です。羽田空港拡張をするため当時あった穴守稲荷神社が移動の対象になりました。当然神社や鳥居も移築することになりました。しかし、この鳥居を移動させようとすると工事関係者が怪我をしたり不幸が起きたとか。結局この鳥居だけが、滑走路近くに残っておりました。
 そして、羽田空港の新B滑走路拡張工事のため現在の場所に鳥居が移動したというわけです。移築費用は国と航空各社がフ負担したとか。


・飛行機をモチーフにした橋


 上記の赤鳥居のすぐ近くに穴守橋という橋があります。欄干には、ライト兄弟の作ったフライヤー1号、神風、ゼロ式艦上機、初の国産旅客機YS-11、ツェぺリン号。B747などなどです。場所は、京急天空橋を降りてすぐです。赤鳥居の弁天橋のひとつ上流にかかる橋です。



穴守稲荷神社

 先ほどの赤鳥居のあった神社。羽田の守り神でもあります。赤鳥居や穴守橋と比較的近くです。普通の神社ですけど、折角ですから寄られてみては?


■整備場駅


現在の「整備場駅」となったのです。

 羽田空港施設内にあります。羽田空港整備工場地域となっているため各航空会社の整備工場があります。そのためこちらの整備工場などの施設に通勤する空港関係者への通勤客の利便性を図るために開設された駅だそうです。当初羽田整備場駅として開業しました。羽田へモノレールで行く際の終点より一つ前の駅がこちらでした。幽霊がでるなんてうわさも当時は聞いたことがあります。1993年9月羽田空港駅開業に伴って駅名改称を実施、現在のようになったそうです。




比較的こじんまりした駅舎


駅前がすぐ首都高速「空港西」出入り口です


駅周辺は航空会社の施設ばかり 廃墟となった警備所みたいなのが駅前にあります


駅前をいきなり航空機の巨大なエンジンが運ばれていくのも「整備場」駅ならでは


駅から5分くらいの場所に海上保安庁羽田航空基地があります


こちらは様々な海難救助に対処する特別救助隊、通称「特救隊」の基地でもあります

■昭和島駅


 こちらは駅を出るとすぐモノレールの車両基地があります。また運転指令室や電力指令室など諸施設も設置されていて、運行する上で大切な施設はこの昭和島車輌基地にあります。


ホームで雨をよけられるのがここだけ ローカル線の駅みたいです


資材運搬車輌


ポイントが見えます


ホームからも車輌基地が見えます


この通路ですが、大人は行き違うのにかなり厳しい狭さでした


駅前はなにもなし 周囲に工場があるようですが


駅横の昭和島総合センター 道路からも車輌基地が見えます

■流通センター駅


 こちらは名前の通り各種倉庫会社の普通倉庫や冷蔵倉庫がたくさんあります。また見本市会場やイベント会場などもあり、「流通センター」駅の駅名が納得できます。
 駅やホームは社用で行き来するビジネスマンが多く、活気があります。駅周辺は、倉庫街なため大型トレーラーが大型コンテナを牽引してたくさん通ります。


そのまま「流通センター」です


他の駅よりも売店などが充実してます


東京流通センターや倉庫団地があります


各社の倉庫の案内図が表示され、誘導員も路上にいて交通整理をしてました

■大井競馬場前駅


 駅名の通り、東京都のナイター競馬で有名なトィンクルレースの大井競馬場の最寄駅です。昔から走行中の車窓や浜松町方面行きのホームからすぐ駅の横にある厩舎の様子や競走馬を見ることができます。
 駅を降りると厩舎のなんともいえない臭いがします。またこちちは京浜島や平和島とも隣接しています。


ホームは地上より高めな位置にあります


立ち並ぶ厩舎と競走馬


競馬客が多いため売店や喫茶店もあります


駅舎は外から見るとはりぼてみたいです


東京シティ競馬午後3時半くらいから入場できるようです


見る場所によっては駅舎は結構高層なつくりだったりします


やはり競馬関係の広告が多いですね

■天王洲アイル駅


 モノレールの駅としては新しい駅となります。りんかい線との連絡口となってます。場所が、竹芝ふ頭に近く第一ホテルシーフォートはじめ大企業の本社や事業所がある複合商業施設、劇場、レストランなどがあり大変おしゃれな駅です。


ホームもきれいで、ビジネスマンやOLが多いです


駅改札やエスカレーターはドラマの舞台になりそうな雰囲気


オフィスが多いからかATMは、シティバンクがありました


ベンディングスクエア?・・・自動販売機もおしゃれな感じです


駅を出ると周囲は高層ビルが立ち並びます


天王洲アイル駅と大井競馬場前駅間は、京浜運河の上を通ります

ダイエー八潮店とかもめ橋が印象に残ります


■浜松町駅

  かつて海外旅行へ行くというとこの浜松町から「モノレール」という電車ではない新交通システムに乗っていくというのがなんともおしゃれに思ったものです。京浜急行や高速バスなどのアクセスが良くなる今もモノレールを利用して国内旅行や出張、帰省をされる方は多いようですね。昼間でも約5分おきくらいの間隔で来るのですが、出発した直後には待ちの列がすぐできます。
 こちはの到着ホームは一本で、まず到着すると左手のドアが開き降りる乗客をまず降ろし、つづいて右手ドアが開いて出発する乗客が乗る仕組みとなっております。


5分おきには出発、、到着しますがすごいひとが乗り降りします


利用する航空会社による案内があります


モノレールの会社事務所があります


他の駅と違い大掛かりな改札口です


さすがにこちらはエレベーター、エスカレーター完備


ホームにはなぜか福岡の有名めんたいこ店と熊本からし蓮根のお土産屋さんが


浜松町駅を出てすぐ左手のビルに注目!屋上にヘリがいます(芝浦ヘリポート)

     
当サイト内の動画・画像(掲示板、ブログなど)の無断複写・転載、使用は、かたくお断りします
管理人について 管理人宛メール 著作権・免責事項
Copyright (C) ATLAS WEB .COM All Rights Reserved.