東京・お台場 青海「東京税関 本関 職員食堂」やすい!うまい!穴場!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

東京・お台場のゆりかもめ青海駅前にある東京港湾合同庁舎。難しそうな名称ですが、要は海上保安庁や、東京税関、国交省、厚労省等の公共機関の出先が入居している建物です。

自分は定期的に用事があるのでよく行きますが、用事がないと行かない施設かと思います。

施設内の休憩所からは東京港がよく見えます。左が東京港入り口、正面が大井埠頭、右手が芝浦ふ頭、日の出埠頭、晴海埠頭、お台場などです。

上の画像を拡大すると、向かいの大井ふ頭には井本商運の貨物船「なとり」がいました。

この船は珍しい球状船首という船の船首がボール状になっているものです。

また手前の小さな船は海上保安庁の巡視船「のげかぜ」です。20年位前に横浜港で見ましたが、まだ現役なんですね。これから入港です。

こんなものが見えたりする合同庁舎ですが、一般の方も入ることができます。

入り口で身分証明書を提示して入館証をもらう手続きが必要ですが、東京税関の広報施設があるので「見学」とか、ずばり「食堂利用」という理由もありです。

エスカレーターで2階へ。

こちらが「東京税関 本関 職員食堂」です。東京税関はわかるけど、「本関 職員食堂」、「本関職員食堂」???

「本関」という地名?屋号?とどこで区切るのか、言葉の意味もわからない。

税関組織では、各税関の本庁を指す呼称を「本関」というそうです。例えば成田空港で外国から入国する旅行客の荷物を調べたりする税関職員は千葉の税関職員ではありません。東京税関成田税関支署の職員です。

また静岡の港に入る船の税関は清水区の税関職員が来ますが、彼らは名古屋税関の職員です。つまりここでいう東京税関や名古屋税関は、「本関」と呼ばれるようです。

長くなりましたが、この食堂は東京税関 本庁(本社?本店?)の職員食堂ですよということらしいです。

運営は、食堂委託として株式会社稲穂が運営しています。この稲穂さんは、東京税関大井出張所職員食堂や東京税関成田航空貨物出張所職員食堂も運営されているそうです。

きょうの定食から、レバニラ炒め700円。

麻婆丼 500円。

いろいろあります。

入り口で食券を購入します。

特別定食という一番高いのにしました。800円です。

注文カウンターまでいって、本日の内容をしりました。入り口には書いてあったんですが。

ジャーン!酸辣湯(サンラータン)とチャーシュー丼です。

結論から申しますと、うまかった。ボリュームも十分でした。

率直にいうと職員食堂だし、学食や社員食堂みたいに安いけど、そんなにうまくないんだろう位におもってましたが、レベル高かった。それなりにうまかったし、量も若い男性でも満足できるボリュームとおもいます。おじさんはにはきつかったです。

食後セルフで片付け。

さすがにみなさん食事されているので席の写真を撮れませんでしたが、明るいし、景色よいし、そんなに混んでないし、お台場の穴場だと思います。

お一人さまは、カウンター席がたくさんありますからたぶん座れます。

東京税関 本関 職員食堂

電話 03-5500-0147

住所 東京都江東区青海2-7-11 東京港湾合同庁舎 2F

営業時間 11:00~13:30 17:00~18:50

定休日 土曜・日曜・祝日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加